Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.27 永遠の花道
お猫さまは星の数ほど。
ニンゲンも星の数ほど。

その中で
どれだけの確率をくぐり抜けて
出逢う事ができたのだろう。


そう
これは奇跡。

出逢えた事も。
昨日、一緒にいられた事も。
今日、一緒にいられる事も。
そして
明日も一緒にいられるであろう事も。



どんなに愛しても
どんなにどんなにどんなに愛しても
そのフワフワの身体とは
いつかはお別れしなくてはならない。

だからこそ
この一瞬一瞬はとても大切なもの。

うーちゃんがそう、教えてくれた。
それは奇跡の積み重ねなのだから、と。




うーちゃんがいるから、生きてきた。
そして
うーちゃんがいたから、生きてゆく。

笑さんと梵とおテテ繋いで
ありったけの笑顔で
胸を張って生きてゆく。

この道は
うーちゃんと歩いた道だから。
そして
この道は
うーちゃんが照らしてくれる道だから。





アタシ今は ただのへっぽこ。

でも いつかは必ず…。





120727.jpg







スポンサーサイト
うーちゃん。

何度でも言います。
ありがとう。

出逢ってくれてありがとう。
長い時を、共に過ごしてくれてありがとう。

そして
ねーちゃんを
アナタの「飼い主」から「家族」へと
成長させてくれてありがとう。


あの日出逢った
ガリガリに痩せて元の色も良くわからない程汚れた子猫。

そんなアナタが
いつの間にか…
どんなにありがたい書物も
どんなに偉い人の名言も色褪せて思える程の
ねーちゃんの「師」になりました。


たくさんの大切な事を教えてくれてありがとう。
一生をかけて
辛抱強く教えてくれてありがとう。

良い生徒でなくてごめんなさいね。


ねえ、うーちゃん。
ねーちゃんね、
まだまだうーちゃんに教えてもらいたい事が
たくさんたくさんあるんです。

だから
どうか、これからもよろしくおながいしますね。


うーちゃん
ウチのコ記念日、ありがとう。

愛してます
愛してます
愛してますよ、うーちゃん。






2012.07.22 500日
500日、待ち続けた事がありますか?

ただひとつの瞳
ただひとつの声を
500日、待ち続けた事がありますか?


「2、3日で戻れると思って置いてきた」

…何という
何という切ない言葉でしょう。




120722.jpg




2012.07.20 自慢
かつては
お茶碗がピカピカになるくらいご飯を綺麗にたいらげていた梵。
最近は少し余裕が出てたのかちょっと怠慢(笑)になってきた。

今朝もそんな風だったので
ごちそうさまの「ぴーや!」が聞こえた後
しばらくしてから見に行ってみた。

「ぼーん、ご飯キレイに食べられたの?」

すると
お世話係の問いに梵ではなく母が答えた。

「きれ~いに食べたよ~!
 だってアタシがちゃーんと
 残ったご飯を真ん中に寄せてあげたもんねー!」

…母、
いつもの間にそんな
うーちゃんの介護中のお世話係のような真似を…。


以下、母とお世話係の会話。

お 「梵ったら、どんどん待遇が良くなるのねえ…」
母 「だって、どんどんおりこうさんになるんだもーん!」
お 「…ねえ、ソレ、自慢してるの?」
母 「うん、そうっ、自慢っ!!」 ←超・即答


ダレカコノヒト、トメテクダサイ…。




レアな角度の梵をお楽しみください(笑)

120720.jpg


2012.07.19 女傑
夏本番。
少しでも風の通りを良くしようと
笑さんの脱走防止との兼ね合いを頑張る。

母が
「ココの扉をほんの少し開けると風が通る」
…と言うけれど
お世話係的にはちょっとNG。

ドアストッパーでしっかり固定すれば、と言うので
お世話係は即答した。

「あのねっ。
 そんなの頭突き一発でガツーン!て開けちゃうわよっ」

「ガツーン!」の所をアクション入りで説明すると
母は唖然とした様子。
そしてひと言、のたもうた。

「笑…女傑だ…」

母、なかなか良い表現ではないか。
お世話係はコッソリ気に入ったぞよ。




その女傑さん。

昨夜またやらかしてくれた。
お世話係が麦茶の入ったマグカップ(巨大)を床に置いたところ
早速近づいてきてクンクンクン。

どうぜお砂かけをするのだろう
…そう思って放っておいたら
カップの淵までお顔を持って行くではないか。
そして
お世話係の顔と麦茶を交互に見つめている。

あら。
飲みたいのかしらん。

麦茶なら大丈夫だと思ったお世話係
とりあえず「どーぞ♪」と言ってみた。
すると。

「ボチャン!」

笑さん、いきなりカップの中にオテテを突っ込んだ!

うぎゃあ!と慌てる間もなく
笑さんは麦茶のついたオテテをペロペロ。
続いてもう一度「ボチャン!」
オーマイガッ!

…そりゃあ、言いました、言いましたよ。
「どうぞ♪」って。
でもどうなの、それって…。

巨大マグカップにたっぷりの麦茶。
この後それをどうするのが正しかったのか
お猫さま馬鹿仲間のみなさま、教えて欲しい…。

えっ、お世話係?
…ナイショっ。


 

うちの女傑。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。