Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.29 トイレ攻防戦
トイレ攻防戦勃発。
以前にあった「トイレの囲い攻防戦」の
有り難くないバージョンアップだ。

まず。
囲いに使っていたミニラティスへの攻撃が止まず
とうとうバリバリと齧り始めてしまった。
仕方がない。
内側に貼ってあるカラーボードが食べられてしまう前に
囲いごと撤去…。

すると今度は
トイレの下に敷いてあったマットが標的になった。
端っこをくわえてズルズルと引きずり出す。
そしてそれもカジカジカジ…。

ええい、これも撤去!

これでもう安心、と思ったら
今度はトイレ本体の隣に置いてあった箱だ。
中に入っていたトイレシーツを片っ端から引っ張り出して
大穴を開け続けるという暴挙に出た。

こ、これも撤去だ~!




で、これが

090218c.jpg



ついにはこうなった…。




あまりに見晴らしが良くなってしまったので(笑)
トイレに付属のハーフカバーだけ装着してみた。
どーだ!
これでもう、イタズラする物は何もないぞっ。



…と思ったら。

ついにトイレ本体がやられた。
引き出し式のトレイから少しはみ出していたシーツをくわえて
そのままトレイごと引っ張り出してしまったのだ。
シーツがヨレたりしないようにと
トレイにテープで固定していたのが仇になった。

つまりは「トイレのバラバラ事件」。
そして
事もあろうに笑さんは…
その、シッコを受けるべきトレイがない状態で
何も考えずにトイレを使用したらしい。

当然シッコは床に直通。
あんまりだ(T_T)



笑さんがトイレと闘いたくなるのは
何故か決まってお目覚め直後の午前四時半頃。

そんな時間に床に這いつくばってお掃除だなんて
…イヤだよう。
しくしくしく。





ごめんあそばせ~、でち。えへへ。

090529b.jpg


スポンサーサイト
2009.05.27 ボーナス?
ども、あたち、笑でち。

こんげつもまた
笑のちょきんぎょさんの日がきまちた。




今日もはりきっていってみよ~!でち。





ん?
ねーちゃん、なにか?

「ああ、あのね。
 昨日ねーちゃん、ちょと意味不明のボーナスもらったですよ。
 だから今月はそれも、笑さんのちょきんぎょさんにしましょうね」

…ふーん。
なす、ねえ。
あきなすはよめにくわすな、っていうんでしょ?
ぼーなすは笑がくってもいいんでちか?
(えっへん、笑、ものしりでち♪)

「…多分ね…」


そーでちかそーでちか。
ほいじゃあ、
えんりょなくちょきんぎょさんマシンにおながいするでち。
笑、また、おかねもちでち♪

ねえ、ねーちゃん。
ところでそのぼーなす、だれがくれたでちか?

「うーん…
 強いて言えば、麻生太郎…かなあ」

アソータロー?
えっと。
よくてべり(←テレビ・笑)に出てくる、お口のまがったおぢたんでちか?

「そっ、そのアソータロー」


ふぅ~ん。
よくわからないでちケド…
ものをもらったら、ちゃんとおれいを言わなくちゃでち。

…というわけで




ありがと、アソータローおぢたん。

090527b.jpg


一昨日。
いつもお世話になっている「私の街の電気屋さん」が
階下に現れたと思ったら…
いきなり居間に新しいテレビが出現していた。

どうやら
地デジ対応の物に買い換えたらしい。

テレビにそれ程関心がないお世話係は
あ、そ。
…としか思わなかったのだけれど…。
ここに大喜びした方が一名。




おっきなはこさん、もらいまちたー!






ゴミと一緒に
ダンボールも持ち帰ってくださろうとした電気屋さんに
「…あのう…
 ソレ、喜びそうなのがいるので…」と申し出たお世話係。

すると
ご自分もお猫さまと暮らしていた彼は
「あ、そうですよねー、 喜ぶんですよねー、箱!
 ウチなんか箱がいっぱいでしょ、
 だから、どれに入っているのかわからなくなっちゃってね~♪」と
ニコニコして箱を置いていってくれたのだった。

…辛い事、思い出させてしまったかな(T_T)
電気屋さんにもいつかまた
楽しく一緒に暮らせるお猫さまとの出逢いがありますように…。




ところで、
我が家のカッ飛び娘。

こんなに大きなおもちゃはさすがに初めて。
かなり気に入ったようで
自主的にアスレチックにして楽しんでいる。




ねーちゃん、これ、たのちーでち!

090525b.jpg



はいはい、ようございました。
メデタシメデタシ(*^_^*)

…と終われば良かったのだけれど
このカッ飛び爆裂娘の笑さんが
そんなほのぼのとしたままでいるわけもなかった。

何と。
この大きな箱に向かって喧嘩を吹っかけて
端っこからカジカジと齧り始めたのだ。
いくら小さ目のテレビとはいえ
笑さんと比べるとこーんな大きさの箱。




どーん!

090525c.jpg



いやはや
チャレンジャーと言うか無謀と言うか。
いつになったら齧り終わるか、ちょっと楽しみだったりして。
ガンバレ笑さん(^^;)


2009.05.22 ご飯台悲話
…そりゃあ
ねーちゃんは不器用ですとも。

だから
うーちゃんの為に作った、このご飯台だって
へっぽこぽこで多少の歪みもありますとも。


けれど。
けれどね、笑さん。

いつまで経ってもそのスタイルをやめてくれない程
そのご飯台は使いにくいですかねえ?

お茶碗の下に滑り止めのコルクシートを敷けないのは
アナタがカジカジするからです。
そして
足元にマットも何も敷いていないのも
アナタが攻撃を仕掛けてとんでもない事になるからです。

お水の隣にご飯を置くと
自分が乗るスペースがない!と逆キレするので
ご飯はいつも別の場所…。

これってば
何かが違うと、ねーちゃんは思うです。


どなたか
ちっちゃな脳ミソの笑さんに
正しいご飯台の使い方を教えてやってください。
おながいします…。






…???




2009.05.20 考えた笑さん
昨夜。
どうしてもうーちゃんの日記を見たくなって
しばしパソコンの前に座り込み。

ここのところずっと
長い時間パソコンの前にいる事がなかったので
笑さんはハテナを飛ばしている。
机に手をかけて背伸びをし
じっとお世話係を覗き込んだりして(^^;)

それが
「そろそろあそんでちょーだい!」のサインだろうという事は
うすうす気が付いてはいた。
けれどお世話係
どうしてもパソコンの前から動く事が出来なかったのだ。

こんな時には
笑さんは勝手にカッ飛び始めるか
またはブチ切れてお世話係の足に攻撃を仕掛けるのだけれど
…何故か
昨夜はそれはせずに大人しく部屋を出て廊下で待機していた。


しばらくするとまた「じーっ」と覗きに来て
諦めて廊下に戻って行く、の繰り返しをしているのだ。
笑さんなのに不思議な事だ。(←失礼である)



…どれくらいの時間
うーちゃんとお話しながらパソコンの前にいただろう。

我に返った(笑)お世話係
あ、シマッタ!と思った。
何と
笑さんの夜の運光さまの定刻を忘れてしまっていたのだ。

実は。
小さい頃ピーばかりだったので
お世話係はブツをティッシュでキャッチしようと付き添いを続けいていた。
そのせいか、今では笑さんは
「運光さまの時はお供がいなくちゃ」なお猫さまになってしまったのだ。

もしかして
廊下でひたすら待機していたのは
運光さまの応援待ちだったのではないか。
そう気が付いたお世話係
大急ぎで部屋を走り出て廊下へと急いだ。

…ビンゴ。

トイレの手前で箱座りしていた笑さん
お世話係が駆けつけると
「待ってました」とばかりにトイレにドボン(笑)
チップをホリホリするのももどかしいという感じで
一気に運光さまを産み落としたのだった。


…笑さん、ごめんなさいね。
もしかして
気を遣ってもらっちゃったですか?
ちっちゃな脳ミソでいっしょけんめ、考えたですか?
「いまは笑、がまんするべきだとおもうでち…」って。

いかんですね、ねーちゃんは。
これでは、うー父ちゃんにだって叱られちゃいますね。

ごめんね、ごめんなさいね、笑さん。
それから
…ありがとうね。






こちら本日の笑さん。
「あやちいものが出てきたから、かじってみるでち~!」




「金魚のフン子」、春の強化週間…?

とにかくすごい。
お世話係がちょっとの用事で階段を上がっただけで
ドドドド~ッ!と付いて来る。
もちろん
用事が済んで一階へ戻る時も
一目散に追いかけて来る。

足元を疾風の如く駆け抜けて行くので
只今、我が家の階段は危険極まりない場所となっている。



この猛烈フン子状態は
夜、お世話係が隣の和室でTVを見ようとしても起こる。

お世話係がいつもの部屋を出て
和室の扉を開けようとする時点で、もう足元にピターッ。
そして中に入ると
ヨッコイショと座ったお世話係のすぐそばに
笑さんもじとーっと座り込むのだ。

用事があって
ちょっといつもの部屋に戻ろうとすると、もう大変。
たった今までうつらうつらしていたのに
ガバーッと飛び起きて必死の形相で追いかけて来る。

…笑さん。
すぐにまた戻って来るし
第一、隣とはたった数メートルしか離れていないですよ(^^;)

何度席を立っても同じ事。
気の毒でうっかりトイレにも行けないではないか…。



お世話係、笑さんに声をかけた。
「えーみさん、
 そんなにフン子なら一緒にいましょーよ♪」
そしてひょいっと笑さんを抱き上げた。

…すると。

「なにするでちかー!
 だーれがだっこしていいっていったでちか、きぃーっ!」
…とばかりにガブガブガブ~、ケリケリケリ~!

いたた、痛い痛い痛い(T_T)


そうですか、笑さん。
「見るだけ」なのですね。
それ以上はNGなのですね…。
ねーちゃん、何だか納得いかないんですケド(T_T)


 
 


とにかくそーいうことでちから。




先日イベントのお手伝いに行ったTふれあい公園。
車で10分足らずという近くでありながら
全く知らなかったのだけれど…。

行ってびっくり。
何故って…
あまりにも良い所だったから。

なので
ヒーコラ言いながらお手伝いをしている間じゅう
お世話係はずっと思っていた。
「これは笑さんと一緒に遊びに来るしかない!」と。




やってきたでち、ふれあいこうえん~♪





さすがに最初は緊張していた笑さん、
お世話係が離れると母の足元にピターッ(^^;)
…そう、
母が例によって「いいなあ、アタシも~」と言うので
お世話係は二人分のおにぎりと水筒を用意するハメになったのだ。
何だかなあ。


で、笑さん。
さすがと言えばさすが、
しばらくするとすっかり「ヤル気モード」に突入し
わんちゃん用の伸びるリードを存分に活用して
あっちへウロウロこっちへウロウロ。



おはなばたけもありまちよ。

090515b.jpg





湖を一望するピクニックテーブルでひと休み、
ニンゲンはお昼ご飯にする事にした。
笑さんのご飯ももちろん持って来ていたけれど
本猫さまはそれどころではないらしい。

ゆる~い感じでおにぎりをほおばろうとするニンゲンのそばで
尚もウロウロチョロチョロ…
リードが絡まってもう大変。




はやくあそぶでちっ!

090515c.jpg



…は、はいはい。
笑さんと一緒なのに「ゆる~い感じ」でいようとするのは
最初から間違いだったですね(^^;)
行きます行きます、
どこへなりともお供いたしますです。
あ~、忙し。



さて
本日一番の大ウケはと言うと。

トコトコと歩いていた笑さんが
植えられて間もないと思しき小さな桜の木の下で立ち止まった。
何でしょう?と思った瞬間…。




飛びついた!

090515d.jpg



登頂成功!

090515e.jpg




「お猿のお笑」の本領発揮。
…だぁれ?
「カッパの木登り」だなんて言うヒトは…(^^;)









ベッドカバーの下に潜り込んでいた笑さんが
お世話係の呼ぶ声にノソノソと出てくる。
たったそれだけの
何という事のない動画なのだけれど…。

途中、
笑さんが微かな微かな声で
「ぶるる~?」と言っているのが聞こえるだろうか。

…お返事?
笑さん、それってばお返事!?
う・うっひょーーーーーーーっ!



…えーっと。
つまりは
こんな動画をアップしてしまうほど
お返事をしてもらえたのが嬉しかった、というコトで(^^;)


2009.05.11 いつも一緒♪
お昼ご飯を食べ終え、部屋に戻る。
すると大抵
笑さんは階段ラック上のお外見用ベッドで爆睡中だ。

一緒にお昼寝して欲しいけれど
わざわざ起こすのはいくら何でも気の毒だ。
なのでお世話係は
ひとり寂しく(笑)枕の脇にうーちゃんの写真をセットするのだけれど…。

その気配を感じると
何と…
笑さんは、必ず飛び起きて
ドタドタドタ~ッ!と階段ラックを降りて来てくれるようになったのだ。
そして
ぴょこんとベッドに飛び乗って「腕枕待ち」をしてくれる(T_T)

え、笑さん…
いつの間にそんな「ねーちゃんを喜ばせるツボ」を習得したですか~。
階段ラックを降りながら
「うるるーーーー」なんて言ってくれた日には
もう、もう、ねーちゃんまで「うるるー」です…。





きょうは、「ちゅぱDEおひるね」でち~。






「なーにやってるですかね、笑は」 byうーちゃん。

090511b.jpg




どんなに暑い日でも律義に添い寝してくれる笑さん。
ありがとありがと、
ねーちゃんはとってもウレシイです。
たとえ…
ウンウンうなされて目が覚める日が続いても。



2009.05.08 隠れ師匠
笑さん
アナタも一応レディの端くれのハズ。
それなのにそのお食事風景はいかがなものでしょう。




(4/12撮影)






…もんくあるでちか!?

090508b.jpg



いえ別に
召し上がっていただければ何でも良いといえば
それはそうなんですケドね…。

…とい呟いていたのは一ヶ月ほど前。
普段食が細い笑さんが
立ち食いスタイルでご機嫌さんにお食事、の図だ。
これはたまたま、カッ飛びが始まって危ないので
お茶碗をご飯台から避難させていた時の事。

何が気に入ったのか
遊びの途中でふらっと立ち寄ってポリポリポリ。
それ以来、このスタイルが結構なお気に入りになっているのだ。
変な笑さん(^^;)


ところが何と。
これは、ただの「変」ではなかったのだ。
昨日になっていきなり判明したその事実、
それは…
「これも笑さんの修行の賜物」!

笑さんは、ままのおうちにいる時
コハク師匠からお座りの仕方をお勉強した。
けれど実はそれだけではなく
ルフィー師匠から立ち食いのワザまでお勉強していたのだ!

す・すごいでち、笑さんっ(^^;)


ルフィー師匠、
おかげさまで笑さんは見事にその匠のワザを習得いたしました。
的確なご指導、ありがとうございました。
いつか是非…
師匠と並んでの「シンクロナイズド立ち食イング」を
実現させていただきたいと思うお世話係であります。





本日の笑さん。
すごいお顔でおもちゃを狙っているけれど
これはどなたからの伝授なのだろう…(^^;)



にがさないでちよっ。

090508c.jpg




昨日
おなじみの(笑)高速バスに揺られて
しっぽなさまが遊びに来てくださった。

しっぽなさまは…
お世話係にとっては「全ての扉を開いてくださった」大恩人、
そして大好きなオトモダチ。

そんなしっぽなさまが
笑さんに会いに来てくださるのはもう本当に嬉しくて。
お世話係は前日
「遠足の前の子供」状態になってしまった(^^;)



さて。
お客様によって実に色々な反応を示す笑さん。
しっぽなさまはどうだろう。
楽しみ楽しみ♪




バリケード越しに大興奮のお出迎えの後は
お約束の遠くからガン見。






さあその次は?と期待していると
…あれ?
…あれれ?
10分経っても20分経ってもガン見のまま。

時々ハッ!としたようにしっぽなさまに近付いて
フンフンフン…とするのだけれど
また一定の距離を取ってガン見に入ってしまうのだ。
けれど
どう考えてもご機嫌ナナメなわけではない。
だって。
絶対にしっぽなさまの姿が見える所で頑張っているのだもの。




部屋を移動しても付いて来てガン見。

090506b.jpg




トイレの前でも待機してガン見(^^;)

090506c.jpg




そしてフンフン、のちガブガブ(^^;)

090506d.jpg



…何と笑さん
とうとう最後までガン見を続けてしまった。
あまりにも度が過ぎるガン見なので
「もしかしたらちょしちゃんが一緒に来てくれているのかも」
そんな風にも思ったりして。
…ホロリ。




楽しい時間は
夢のようにあっという間に過ぎてしまった。

笑さんは
お土産にいただいた、いちこちゃんとお揃いのぬいぐるみ
命名「にこちゃん」と夢の中…。

どうかまた
こんなシアワセな時間がやって来ますように。
しっぽなさま、ありがとうございました(*^_^*)




すぴぴぴ~、なのでち…。

090506e.jpg





2009.05.04 ダッシュ100本
昨日のお世話係、朝早くから夕方まで留守。
笑さんにとっては最長のお留守番だった。

どんな大騒ぎになっていたかと思ったけれど
帰宅して母に様子を聞くと
「全く静か」。
あらびっくり。
そう言えば
部屋も全く荒らされて(笑)いない。

ほ~。
笑さんってば、ちゃんとお留守番出来るではないか!
感心感心。


…と
ここまでは良かったのだけれど。

帰宅後すぐに夕飯の支度に取りかかったお世話係、
その足元に笑さんがビュンビュンとまとわり付く。
普通に考えれば
そ~っと寄って来てスリスリ♪とか
まわりをウロウロしながら頭コッツン♪とか…
そういう可愛いアピールこそがお猫さまだと思うのだけれど
笑さんの場合、まさに「ビュンビュン、ガッツーン!」なのだ。

危ない、危な過ぎる…
と言うより、怖い~~~っ(T_T)


しかも。
いつまで続くかと思ったそのビュンビュン、
何と…
今日も延々と続いているのだ。

実は昨日の外出は
屋外イベントのお手伝いという肉体労働だった為
今日のお世話係は足が筋肉痛。
ヨタヨタと歩く婆様状態だったのだ(^^;)
それなのに笑さんは
その足元目がけて全力でダッシュを繰り返す。
お世話係、何度避け損なっておっとっと…となった事か。


筋肉痛が余計に酷くなったような気がするお世話係。
もしかして…
これは笑さんの報復なのだろうか。
恐ろしや(T_T)





にがさないでちよ、ねーちゃん!




お世話係が二階へ戻るのを
いつでもバリケードの向こうで待っている笑さん。
大抵は
扉のワイヤーネットがお顔に食い込みそうな程ピターッと…
まさに張り付き状態になっている。

けれど最近
笑さんの立ち位置(?)が変わった。
バリケード横の窓の桟、
そこに上がって待っているようになったのだ。





おーい、ねーちゃーーーーん!





どう考えても良い足場とは思えない。
なのに何故かここにいる確率がとても高いのだ。

いや、
どこにいてくれても構わない。
構わないのだけれど…
階段を上がって行くお世話係には
これが…
偉そうに見下ろされているように感じるのだ(^^;)
しかも思いっきり。
しかも毎回。

「なーによ、なによ、笑のくせにぃ~」

最近マイブームのこのフレーズ(笑)、
一体、一日に何回呟く事か。




さて、本日。
何気なく、本当に何気なく
笑さんにはどう見えているのだろう?と思って
その位置から下を覗いてみた。

すると…。

すると…。

何と
この位置からだと、階段のほぼ一番下まで見えるのだ!
まさかと思って他の位置でも「笑さん目線」をしてみた。
けれど
ここほど視界が開ける場所は一箇所もなかったのだ…。

え、え、笑さん…。
もしかしなくても
「ここがいちばん見えるでち~!
 ねーちゃんくるのが見えるでち~!」と
グラグラしながら頑張っていたですか(T_T)

…ホロリ。


そうとは知らず
「笑のくせに偉そーに」なんて
そんな酷い事を言ってゴメンナサイ。
ホントにホントにゴメンナサイ。

ねーちゃん、反省。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。