Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何故登るのだ
そんなに必死になって。




檀に登る。






木蓮に登る。

091130b.jpg




御用松に登る。

091130c.jpg




槙に登る。

091130d.jpg




「そこに、きが、あるからでちっ」

…はいはい、ごもっとも。
けれどね、笑さん。
世間では
「○○は高い所が好き」って言うらしいですよ…。



スポンサーサイト
2009.11.26 戦闘員・笑
朝のひと仕事を終えて
はあどっこいしょ、とカーペットに座り込んだお世話係。
すると
背後から何やら不穏な空気が。

振り返ると
笑さんがぺったんこに伏せて
お世話係の手に狙いを定めてお尻をフリフリしている。
うっ。
アブナイ。
お世話係、早急にてぶこを装着すべしっ!




戦闘開始。





何回でも
何十回でもこの勢いで飛び掛る笑さん。
本日の戦闘タイム、
およそ20分間なり…。

ちなみに
その間お世話係は
ただひたすら「無抵抗」なのである。
…イタイよう(T_T)



2009.11.23 おさがり♪
…びっくり。
笑さんにお洋服なんて
絶対絶対無理だと思っていた。

けれど
ここのところのあまりの寒さに
トライだけでもしてみようと思い立ったのだ、お世話係は。

うーちゃんはお衣装持ちだったから
笑さんが着られる物もひとつくらいはあるかもしれない。
そう思って
涙目になりながらお衣装箱を掘り起こしたら
小さな赤いセーターが出て来たし。

さあ、笑さん
レッツトライ!




…いいんじゃないでちか?





…拍子抜け。
暴れるでもなく、怒るでもなく
どちらかと言うと得意げなお顔でひょろひょろと(笑)歩き回っているではないか。

笑さん、
アナタ、コスプレOKだったのですね(^^;)



ああそうだ。
綺麗な赤がうーちゃんに似合うと思って…
でもサイズなんて良くわからないまま買ったから
一度も袖を通さなかったセーターだ、これは…。
それが笑さんにピッタリだなんて。

いかんいかん。
また涙目モードになってしまう。

笑さん、
それはう~父ちゃんのおさがりです。
大切な大切なおさがりですから
絶対に喧嘩など売らないよーに!


それにしても。
この可愛い赤いセーターが
そこはかとなく似合っていないような
…そんな気がするのはお世話係だけだろうか(^^;)



megmegさまTAMIさまがご来訪~~~\(^o^)/

ずっとずっと楽しみにしていたお世話係
同時にちょこっと不安でもあった。

それは…
ここ数回、お客様がいらしてくださると
笑さんが唸りっぱなしになったり、固まったままになったり…
そんな事が続いていたからなのだ。

緊張の(笑)ご対面は
いつものようにバリケード越し。
さあ笑さん、どう出る!?

…おっと?
拍子抜けする程普通に歓迎モード。
よよよ・良かったあ(T_T)


いつ唸り出すかと心配するお世話係を尻目に
その後も笑さん、ご機嫌さん。
お土産にいただいたオモチャで可愛らしく(←ココ重要・爆)遊んでもらったり…




たのちーでち♪








やや強引ながら
これまた可愛らしく(←ココ、大変重要・爆)またたびをおねだりしたり…




くだちゃいな、でち~♪

091122b.jpg




ついには、
チューのおねだりまで!!



ちゅーしてちょーだいでち~♪

091122c.jpg





しかも今日の笑さん
日頃のカッ飛びぶりをすっかり封印し
ごくごく「普通のお猫さま」のような振る舞いなのだ!

ああ笑さん。
アナタがいつも、今日のようにしていてくれたら
お世話係にもさぞ平穏な日々が訪れるだろうに…(←オイオイ)

megmegさま、TAMIさま、おながいです。
毎日とは申しません。
交代でも構いませんので、三日おきにいらしてくださーい(^^;)



女が三人寄ったかしましさ(笑)
用意していただいた美味しいお料理をいただきながら
お話は尽きる事がなく…。

おふたりが乗ったバスがバス停を離れ
どんどん遠くなってゆくのを見送るお世話係は
思わず涙目になってしまったのだった。

megmegさま、TAMIさま
楽しい時間をありがとうございました。
是非是非また、いらしてくださいね。





2009.11.20 日本一…
ドタドタドタ、ドッスーン!
真夜中、笑さんの滑空する音が響く。
続いて
カリポリ・カリポリとご飯を食べる音。

そして
カリカリの匂いをプンプンさせて
枕元にドスッと笑さんの気配。

…ははあ。
今までは足元のドーム型ベッドで寝る事が多かったのだけれど
さすがに昨夜は寒過ぎたとみえる。
お布団の中に入りたいのだな?

はいはい。
潜るのだけは名人で
ベッドカバーだろうがカーペットだろうが自由自在のアナタなのですから
勝手に入って来てください。
お世話係も寒いのです。
お布団から手を出すのはイヤです。

…って、
いつまでも入って来ないではないか。

薄目を開けて見てみれば
じとーっとお世話係を見下ろす笑さんの姿。
何なのだ?その不満そうなお顔は…。

仕方がないので
お布団を少し持ち上げて
笑さんのお尻をポンポンして「どーぞ」。
すると笑さん
待ってましたとばかりににょろろ~んと潜り込んで来た。

うっ、冷たいっ。
この極寒の真夜中に、またお水で遊びましたね!?
勘弁してください…(T_T)

はあ…ウトウトウト。


ドタドタドタ、ドッスーン!
ふと気が付くと
笑さんがいつの間にかお布団から抜け出し
また滑空を始めている。

で…
以下同文(爆)

トータル5回同じ目に遭ったお世話係は
昨夜現在、日本一不幸なニンゲンだったに違いない…。






夜中に良く運動したので
ご機嫌さんでお昼寝の笑さん(^^;)




2009.11.18 ムーーーッ!
ども、あたち、笑でち。

さむくなって
しょくぶつさんたちがおうちにはいってきまちた。
いっぱいいっぱいカジカジしてあそべるので
笑はまいにち、たのちーでち。


でもっ。
でもでちっ。
おきにいりだったジャングルジムが…




(2008.11.06)

091118a.jpg





なんだかちっちゃくなっちゃったんでちっ!





これどーいうことでちか!?
笑、なっとくいかないでちっ!





この花台を所定の位置に置いた途端
「わーい♪」とばかりにやって来た笑さん。
ちょこっと頭を突っ込んだ瞬間の憮然とした表情に
思わず爆笑のお世話係、なのであった(^^;)


2009.11.14 続・横顔
左手






右手

091114b.jpg



…猫の神様、塗り忘れ(^^;)






左足

091114c.jpg




右足

091114d.jpg



…猫の神様、塗り残し(^^;)










2009.11.11 意味不明(^^;)
ポテトチップスのフタを相手に
笑さんは一体何をしたいと言うのだろう…(^^;)








2009.11.09 ワクチン
そろそろワクチンの時期だという事はわかっていたのだけれど…
思うところが多々、多々、多々×100くらい。
けれど
やはり接種を見送る度胸もなかったへっぽこお世話係なのだった。

うーん
うーん
うーん
どうなのだろうなあ、ワクチンって。


さて。

病院での笑さんは
診察台で、先生の手が離れた瞬間に
お世話係にドドドーーーッ!とクライミング。

頭の上まで到達するその勢いに
先生思わずクスクスクス。
笑さんとお世話係、はからずも
「笑いの笑さんになりましたねえ~♪」
…との光栄なコメントを頂戴してしまったのだった(^^;)


帰宅して一番の心配は
やはり安静にしていられるだろうか?という事。

普通に考えたら
無理無理無理無理、絶対に無理!
このカッ飛び娘にそんな事、絶対に無理!

「大人しくしていてください」
…と言っても聞いてくれるはずもないので
取り敢えずは、おもちゃを全部撤去。
いつもは十数個のボールがスタンバイしている
「えみのおもちゃんこおきば」は
すっからかんになっている。





つまんないでち(-_-;)








…うっ。
イタタ、イタタタタ。

笑さん、ヤメテー。
何もないからといって、足に…
ねーちゃんの足に攻撃を仕掛けるのはやめてください~っ!

痛い痛い、痛いです~~~~~~っ(ToT)



2009.11.07 ガテン系
笑さん、コレが楽しくてたまらないらしい。
何度平らに直しても
何度何度何度直しても
その直後にまたズサーーーッ!








完成図(^^;)






笑さん、
アナタもしかして…
前世はトンネル工事関係の方?


2009.11.04 スクープ
あの!
あのまりあ嬢の虹の橋銀幕デビューが近い!

…という情報をキャッチした我がへっぽこ探偵社は
独自の捜査により、「予告編」なる映像を入手!


こちらでありますっ!





                                     megmegさま作


なお
本編は、大女優の大邸宅で公開される模様でありますっ。




チケットのお求めはこちらから。
   ↓   
ハーネスを着けてのお散歩も
それなりにサマになってきた笑さん。

けれど…
けれどお世話係には大きな不安がひとつ。
それは
どういうワケか笑さんは
玄関を「入り口」と認識していないフシがある、という事だ。

「お散歩に行きますよ~♪」と声をかけると
大喜びでスタンバイをするところを見ると
どうやら「お外に出られる所」という認識はあるようだ。

うーん、笑さん。
そこはね
出られる所でもあるけれど、帰れる所、なのですよ。
そしてねーちゃんは
それこそを覚えて欲しいのですよ。
万が一何かあった時
帰って来る所がここだと、わかって欲しいのですよ。

…って。
小さな脳ミソの笑さんに説教をたれても無駄な事か…(^^;)



が。
が、しかし。

本日奇跡が到来。

突然の強風に煽られて温室が傾き
その大きな音に驚いた笑さんが
どっぴゅーーーーん!と玄関へと走ったのだ!

そして…。





いれてくださいでちーーーーっ!





お・おおお!
おテテの位置が微妙にズレているけれど
それはまさに、扉を開けようとする体勢!

お世話係、感涙。
笑さんがやっと、おうちへ戻る方法をわかってくれた。
良かった良かった、良かったよう(T_T)



あ…あれっ?
もしかして…うーちゃんですか?
去年に続いて
ねーちゃんにプレゼントをくれたですか…?

そうなのですね?
そうなのですね、うーちゃん?


一陣の風は虹の橋からの思いやり。
傾いた温室の陰から
ニコニコと見守ってくれていたですね…。

ありがとありがと、ありがと、うーちゃん。
宇宙一優しいうーちゃん、ありがとう…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。