Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


部屋の真ん中に無造作に転がる紙袋。








近付いてみると…




あら♪

100529b.jpg





あらあらあら♪

100529c.jpg




とても丈夫な○うぱっくの紙袋。
笑さんがどんなにズザザザーッ!と突進して行っても
ビクともしないで頑張ってくれている。

おもちゃを持ち込んで大暴れしたり
入ったままゴロゴロと移動したり(器用だなあ・爆)
はたまた
ズリズリと部屋じゅうを引っ張り回したり…。
目下、笑さんの一番のお気に入りだ。



笑さん、エコでアリガト。

…でもね
そこは
ねーちゃんが○天で必死に探したあのおうちよりも
寝心地、良いのでしょうかね(^^;)


スポンサーサイト
2010.05.26 変。

笑さん…

あのね…

なんだか

なんだか

なんだか…

変っ。



だって…

だって…





ズレてる!





変。

とっても、変…。


2010.05.23 ぺったんこ
少し離れた所から
じーっとお世話係を見つめていた笑さん。

そのシルエットがあまりにも「ぺったんこ」なので
お世話係、思わず歌ってしまった。

「え~みさんの香箱 
 ぺったんこ♪ ぺったんこ~♪
 え~みさんはぺったんこ
 痩せにゃーんこ~♪」 

ちなみに、メロディーは「メリーさんの羊」だ(^^;)


自分で勝手にウケてしまったお世話係。
何度も何度も歌っていたら
とうとうこんなお顔をされてしまった(^^;)




なによー、でちっ。





あ・あらあら、ごめんなさいませ(^^;)

でもね、笑さん…
普通、お猫さまの香箱って
もう少し「こんもり」しているものだと
…ねーちゃんはそう思いますですよ?


2010.05.20 助走
昨夜。

お世話係が寝ようとすると
恒例の「大ドタバタ大会」が始まった。

はいはいはい、
どーぞ好きにやってください。
どうせ何十分も続くのでしょうから
ねーちゃんは寝ます、寝るのです。
はい、おやすみなさいよっ。

ドタドタドタドタ
ドドドドドー!

…あれ?
今日のは何か変。
いつもと違って
ただひたすら走り回り続けている。
何かに喧嘩を売っている様子もないし
扉という扉を開けようと格闘する音も
収納棚からドスンと飛び降りる音も聞こえない。

まさか笑さん
バターにでもなるつもりなのだろうか(^^;)


十分くらいたった頃だろうか。
ドタドタ走り回り続けていた笑さんが
そのままの勢いでベッドの頭側に飛び乗って来た。
危ない!と思う間もなく
ベッド端を縦に走り抜け…

「ボスッ!!」

これは
ベッドと平行に置いてあったお耳付きハウスに
頭から突っ込んで行った音に違いない。
ああ
とうとう喧嘩を売る相手を見つけたか。

…と思いきや。
何と
笑さんはそのまま…出て来なかった(^^;)

いきなり静かになったので
頭でも打ったかと(爆)心配になって覗いてみると
すでに笑さんは夢の中。
お世話係、唖然。


…あのう、笑さん?
あのバター化爆走は
「ボスッ」の助走だったですか?

たかが自分のおうちに入るだけで
どうしてそんな派手な助走が必要なのだ…。
騒がしい。
騒がし過ぎるぞ、カッ飛び娘。






あたちにはあたちのびがくがあるでち。




ガッシャーン!
ガタガタッ!
ガタガタガタッ!

…ああ、まただ。
朝も早よ(AM4時半頃だ!)から
延々とバリケードに体当たりする音が。

さては
また、おもちゃを外にはじき出してしまったのだな。
ええいウルサイ。
でも眠い。

ん?
静かになった?
諦めたのだな、結構結構。
バリケードの扉は丈夫なピンチ+ファイルリングでガッチリ固定、
さもありなん。

ZZZZZ…。


~間~


突然。
母の素っ頓狂な声が聞こえてきた。

「あっら~?笑さん?
 どしたの?
 あらあらあら
 入れないよ~ってヒーヒー言ってる!」

は?
バリケード内にいるはずの笑さんが
一階の和室の母と会話をしている?
何じゃそりゃ。

慌てて部屋を飛び出してバリケードを見ると…。
閉まっている。
いつものように、閉まっている。
ただ
何ヶ所か留めてあったピンチの
一番下のひとつだけがポトンと床に落ちている。

お世話係の気配を察したのか
急いで階段を上がって来た笑さんと
バリケード越しにご対面~(^^;)

笑さん?
外したピンチの所に無理矢理身体を滑り込ませて
ワイヤーネットのたわみを利用して
にょろにょろにょろ~、と出て行った
…という事ですか?
そうなのですか?
さすが「うなぎネコ体型」!

…じゃーなーくーてー。
今夜からは
バリケードの扉は紐でグルグル巻きにしなくては。


それにしても。
あまりに見事な脱出に
今度は中に入れなくて「ひーん」。
このあたりが笑さんらしくて笑ってしまう。

○田天功さんのお弟子さんにしていただくのには
ちょっと無理があるかもね、笑さん(^^;)





ぶんしんまじっくだってできるでちのに!




昨日暫定合格となったベッド。

見ているうちにムクムクと
「お耳を付けたい」願望が湧き上がり…。




…付けちまった(爆)






せっかくなので
うーちゃんとも記念撮影をしてみた。




100516b.jpg




あらっ。
なんだか、シアワセなキモチ(*^_^*)


2010.05.15 ベッドやーい
真冬用のキューブ型ハウスを撤去してから
笑さん、ベッドジプシーが始まってしまった。

うーちゃんのお下がりが山のようにあり
すっかりベッド長者の笑さんなのに
…何を出しても気に入らないのだ。

そのココロは「潜りたい」。

オープン型の物はどうしても嫌なのらしい。
片っ端からツッ転がして
その下のベッドカバーに潜り込んでいる。
かと言って
もう一度キューブ型を出しても
入っていても暑いらしくて、またご不満。

うーむ。

潜れてそんなに暑くなくて
…そんなベッドはあるのかいな。

去年のお気に入り「みかんちゃん」には
仕方なしに入るのだけれど…
入り口付近で不満アリアリのお顔だし。




なんかちがうのでちーっ。






仕方がない。
ご飯探しの旅ならぬ、ベッド探しの旅だ。
これ、どーよ?




巨大シューズ型

100515b.jpg



…却下。
いくら何でも大き過ぎたか(^^;)
でも
ベッドにお砂かけってどーいうコト!?


…かくして笑さんは
階段ラックのお外見用ベッドでフテ寝…。




もうここでねるでち!

100515c.jpg




で、先日。
帰宅してみると
しぶしぶ入っていたみかんちゃんが悲惨な状態になっていた。

ほぼ三角錐だったみかんちゃんが
ぺしゃんこに潰されておせんべいのよう。
オマケに
笑さんの歯型だらけでボロボロ…。
そ・そんなに不満だったですか(T_T)


これはいかん、と
ふたたび旅に出て、もうひとつゲット。
タオル地で奥行きがあり
取り敢えず「潜った気分」になれそうな物を選んでみた。




…まあまあでちかね。

100515d.jpg



お・おおおおーっ!
暫定合格!

良かった(T_T)
このまま、週に一個、
○天から大きなダンボールが届く日が続くのかと思った…。
祈・このまま一件落着。



ところで。
ベッドを探していたはずなのに
何故、部屋じゅうに
新しい食器やらおもちゃやらが山積みなのだろう。

変だなあ
変だなあ
変だなあ(^^;)




2010.05.12 最高到達記録
笑さんが
窓の桟にいた。

それ自体は珍しい事ではないのだけれど
今日は何と…




この窓の桟にいた(^^;)





計ってみたら床から約155センチ。
つまりは
お世話係の身長と同じくらいの高さがある。

窓の下はもう階段
助走をつけられるような場所ではない。
…という事は
垂直飛びをかましたのか…。

ひゃくごじゅうごせんちもっ。



…ねえ、笑さん。
お猿なの?
ホントは、お猿なの?



2010.05.10 ひっつき虫


寒くもないのに

不自然な格好で

一生懸命にくっついている

不思議な

カッパの笑さん。








先日の午後出勤の日。
笑さんとお昼寝をしていたお世話係
ちょっと用事を思い出したので先に起きる事にした。

笑さんはご覧の通り。
…何とも平和な光景である(^^;)




ぐぅぐぅぐぅ。






しばしの後。
部屋に戻ろうとしたお世話係の耳に
大音量の目覚ましの音が聞こえてきた。

し・しまった。
アラームを解除し忘れた。
笑さんの耳元直撃だ。

そう思って大急ぎで部屋に飛び込むと

笑さんは
笑さんは
笑さんは…

闘っていた(^^;)








何の偶然か
アラームをストップするのに成功した笑さん。
この直後
エラく満足そうな笑みを浮かべたのであった…。


…ハイハイ
良く出来ました、
良く出来ましたってば。



久~~~~し振りに
悪友Jとゆっくりご飯を食べて来た。

そう
笑さんをお迎えに行った時
片道五時間をフルに運転してくれた
あのJである。
いわば
笑さんにとっては大恩人。

そのJが我が家にも寄って行ってくれると言う。
うわあー。
笑さん、Jとは何ヶ月ぶりだろう。
あの小さなおつむは
ちゃんとJを覚えているのだろうか。

ちょっとドキドキしながら階段を上がる。
すると
笑さん、バリケード越しにJの顔を確認するなり

「にゃおーーーーん!
 にゃあおーーーーん!
 にゃあああおおおーーーーーんっ!」

…うをを!?
笑さん、今の大きな声はナニ!?
「にゃおーん」と聞こえましたケド!?
しかも3回も!?


猫が「にゃおん」と言ったからと言って
そんなに驚くな!と突っ込むなかれ。
何故ならば
笑さんは天下御免の無口猫。

たま~に聞こえる声と言えば
「キュルル~」とか「めめめめっ」(←笑)とか
さもなくば
怒って唸る「ヴーーーーーッ」という声だけなのだ。

笑さんと暮らして1年と7ヵ月、
こんなに大きなハッキリとした「にゃおーん」は初めて聞いた。
しかも3回も。(←くどい・爆)

あらまあびっくり。

更に。
部屋に入って来たJに
笑さんは甘える甘える。
エラく長い間、ぴったりとくっついてフンフンしている。





J、おひさしぶりでちー♪





「おお~、おっきくなったなあ!
 でもさ
 ますます黒くなってきたなあ!
 オマエ白かったはずだよなあ?」

…ハイ、おっしゃる通りで(^^;)




この後
いつものように(爆)「ウーッ」と唸り
いつものようにガン見モードに入った笑さん。
やっぱりそれはハズせないのね、と
放置しておしゃべりに花を咲かせていると…。

しばらくしたら
笑さん、おもむろに部屋の真ん中にやって来た。
そして…
何と…




ぐぅぅ。

100505b.jpg



…寝るのね
ソコで寝るのね
その格好で寝るのね(^^;)


笑さんの小さなおつむの中では
Jはどんな風に認識されているのやら。



こうしていると
にっぽんのみらいがみえるがぜよ~、でち。

↑アナタ誰よ(^^;)









ハイハイハイ、
よーく見てくださいな、「にっぽんのみらい」を。

高い所まで登り過ぎて降りられなくなり
ウーウー怒った後…
どうにもならなくて真剣に困っている場面だという事は
ナイショにしておきますから。





2010.05.01 ナルシスト?
朝。
ふと振り返ったら…
笑さん、床に放置された鏡に見入っていた。




じーーーーーーーーっ、でち。

100501.jpg



何やってるですかね?
鏡なんて別に珍しくもないでしょ?
…とスルーしようとしたのだけれど
これがまた
いつまでたってもずっとこの調子で覗き込んでいるのだ。

何かあらぬモノでも見えているのかと
いささか不安になってきた頃、今度は。




てしてしてし~、でちー!





……。

笑さん?
アナタいったい何をしたいと(^^;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。