Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.31 Happy Halloween !
可愛い可愛いぽっぽちゃん
素敵な魔法をかけてくれた。



キラリ~ン♪





…だから
きっとなれるね、
笑さんと梵は「仲良しさん」に。

素敵なハロウィンだね、笑さん。
嬉しいね、シアワセだね。




ぽーちゃんとローちゃんみたいに、なかよくなれるでちか…?

101031b.jpg


スポンサーサイト
延々と喜び続け
まともにブラッシングが出来ない梵。



もっと~、もっとでやんす~♪








かたや

延々と怒り続け
まともにブラッシングが出来ない笑さん。



なにしやがるでちかーーーっ!




…何だかなあ…(^^;)


2010.10.27 知りたい秘密
お世話係が仕事に行くと
笑さんは二階でひとりぼっち。

そんなお留守番中
何かひとつでも「タノシイ」が多いほうが良いと思い
こんな遊び場?をしつらえるようになった。




洗面ボウルにたっぷりのお水+ピンポン玉!




栓は
普段は笑さんの見えない所に収納するので
蛇口下とは繋がっていない。

相変わらずお水遊びが大好きな笑さんなので
これは久々の大ヒット。
プカプカと浮かぶピンポン玉をパンチして
それはそれは大喜びで遊んでくれている。




こらまてー、なのでち!

101027b.jpg



洗面台まわりがそれなりに水浸しになってしまうのは想定内。
笑さんのタノシイの代償なのだから、構わない。
床よ、頑張って耐えてくれたまえ(爆)

けれど。

けれど…。

コレは想定外だった。




友情出演:てぶ子ちゃん

101027c.jpg



帰宅するたびに
部屋の真ん中にポツンと落ちている栓。
当然、ボウルの中の水は空っぽだ。

…あのたっぷりの水の中
一番水底に沈んでいる栓を
笑さんは一体どうやってゲットしているのだ!?

まさか
ドブン!とおテテを突っ込んで!?


知りたい。
ああ、知りたい。
知りたくて夜も眠れない(←オイオイっ)


2010.10.25 お馬鹿の証明
そろそろ普通に動けるようになった、と思ったのも束の間。
実は、一昨日
魔女の一撃の第二弾をくらってしまった。

こ・今度こそ動けん…。


気配を察したのか
ほぼ一日雨だったからなのか
笑さん、昨日は「お散歩~!」と騒がなかった。

けれど今日は
「ねーちゃん、あめこんこ、あがったでちよ?」
「おじかんあるでちよね?」
「笑、まってたでちよ?」
…と猛烈にアピールする。

お世話係がヨタヨタと移動するたびに
しっぽをピーンと立てて少し先を歩く。
しかも
振り返り振り返り
「むーー、むーー、むーー!」と言いながら。

普段は滅多にお話をしない笑さんの
一生懸命の「おながい」。

が・頑張るっ。
お世話係、頑張るっ。
ドジでノロマな亀だけど、頑張るっ。←わかるヒト、いるかな~(^^;)


のろのろ~
そろりそろり~
えっちらおっちら~
どんぶりどんぶり~(←お猫の花道用語・爆)




…ねーちゃん、ノロすぎるでちっ。






でも、うまうま、できたでち♪

101025b.jpg




…痛いなあ。
明日、ちゃんと仕事に行けるのかなあ。

そんな心配をしつつ
笑さんの楽しそうな様子が何より嬉しかった
大馬鹿者のお世話係なのであった。


紐で遊べるようになってからというもの
ずいぶんリラックス度がアップした梵。
気が付くと
猛烈な甘えん坊になっていた(^^;)

お腹を見せてゴロンゴロンゴロン。
そして
スリスリスリスリ、ごっつんこ。

これを同時にやろうとするものだから
何だかわけのわからない状態になってしまう。
…落ち着け、梵(^^;)
忙しいオトコだなあ、全く。

更に。
梵は、とんでもなく盛大に喉を鳴らすようになった。
部屋に入るなり、地響きのように聞こえてくる。
ゴロゴロの大安売り状態だ。

ちなみに笑さんのゴロゴロは
…いまだ、レアアイテム扱い。
たとえてみれば、一回三万円!
高いオンナ、笑さん。

そう考えると
梵のゴロゴロは一山三十円くらいだなあ。(←母と意見が一致・爆)
ああ、何て安いオトコなのだ、梵(^^;)




…ふふふ。
良いのだ良いのだ、高くても安くても。

どちらも大切な「ウチのコ」だから。

笑さんが歩み寄ってくれる気配は、現在も皆無。
けれど
ボチボチのんびり努力していこう、「家族」になる為に。





すっかりふくふくになった「安いオトコ」と…






相変わらずの「高いオンナ」

101023b.jpg


腰が痛くてかなわんっ。
パソコンの前、かなり辛し。

なので
治らない原因のひとつ
もとい、主な原因(爆)をペタンして
そそくさと撤退する事にする…。




お世話係の頭上1.5メートル@月曜日。





…頼みますよ、笑さん…(T_T)



お散歩中
直径5センチもない細い木にスルスルと登ってしまった笑さん。
平然を装っているように見えるけれど…









実は降りられなくて
ユラユラ揺れながら困っている(^^;)

101016b.jpg



そうでなくても腰が痛くて
ヒーヒー言いながらお供をしているお世話係、
頭の上の笑さんの救出は不可。


さてどうしよう?と
しばし固まって考えていたら…。
笑さんがじーっとお世話係を見つめる。

え…?
何でしょう?
は?
さ・殺気!?

うぎゃあああああ~~~っ!

お尻をフリフリしたと思ったら
次の瞬間…
お世話係の肩をめがけてドスンと降って来た~~~~(T_T)

いいいいい、痛い痛い痛い~~~っ、
腰がメキメキメキっていったぁ~~~~~っ(T_T)

ひ・酷いです、笑さん…。
ねーちゃん息が止まりましたよ…(T_T)




ちなみに。

外の大騒ぎを心配したのか
窓際まで出て来て一生懸命に覗いていた梵なのであった(^^;)



どーしたでやすか~?

101016c.jpg






オモチャで遊ぼうとしても
たとえば
猫じゃらしがちょっとお顔に当たっただけで「ビクッ!」としてしまう。

そんな梵が
「紐」でなら遊べるとわかって数日。
特訓(爆)の成果でとうとうここまでに。







どこで止まって良いのかわからず壁に激突、
…という事もあったりして泣き笑いなのだけれど
それでも…
お世話係、嬉しい(T_T)
ホントにホントに、ホントーーー!に、嬉しい。

良かったねえ、梵(T_T)






…ねえ、ねーちゃん。
あたちのおでばんは?




アイタタタ。
久々に本格的なギックリ腰をやらかした。
只今
湿布ベタベタで、ものすごい臭いを発しているお世話係である。

うーちゃんはこの湿布の臭いが好きではなくて
露骨に嫌なお顔をされてしまったっけ。
普段は大らかなうーちゃんが…と
痛いのよりもそれがショックだったりしたお世話係(^^;)
…懐かしいなあ。

さて
笑さんもやはり、嫌なお顔をするのだろうか。




…あれ?

…あれれれ?

神経質を絵に描いたような笑さんが
この臭いを気にしない?




ちょとくさいでちケド






しかたがないでちかねえ。

101013b.jpg



しかも
お世話係がカウチに座った途端
階段ラック上のお外見用ベッドから
「る~~~♪」と言いながら降りて来てくれるなんて。
そして
いそいそと一緒に座ってくれるなんて。

あんびりーばぶるーーーーっ!



笑さん。
この臭い、好きなのですか?
それとも
まだ、サービス週間が続いているですか(^^;)





梵・THE・ケナゲ。

ケナゲポイントは山のようにあるのだけれど
その中のひとつが「お爪とぎ」だ。

何せ見えていないので
壁やら畳やら家具やら…
ありとあらゆる物の被害は覚悟していた。
それなのに
梵は自分のスペースに置かれた小さなお爪とぎでしか
絶対にパリパリしないのだ。

しかも
普通のお猫さまならば上に乗って
その重みでお爪とぎを押さえるのだろうけれど
見えない梵にはそれが上手く出来ない。
結果
お爪とぎはどんどん移動して、梵、途方に暮れる…。

なので
お世話係、お爪とぎを大きい物にしてみようと思った。
梵が少しでも乗りやすいように。

梵のお気に入りはダンボール製。
ワイドサイズというのが意外に見つからなかったので
自力で繋げる事に。

接着剤は嫌だったので
毎度おなじみ(笑)タコ糸登場。
三箇所ほど縛ったら、立派なワイドサイズが出来上がった。



タコ糸ジョイント拡大。







ほっほっほ~♪とひとり満足していたら
当然のようにこの方が乱入。



あたらちいおつめとぎでちーっ♪

101010b.jpg




とーぜん、あたちのでちよね?

101010c.jpg



…いやその…
あのですね…
それは梵の…

「なんですって、でちーーーーっ!?」

はいはいはいはい、わかりました。
笑さんにも同じ物を作って差し上げますから(^^;)
コレ、いくらでも大きく出来ますから。
ひとつだけ、梵にあげましょうね、おながいね。



はい、梵、どぞ♪



た・楽しそうだなあ(T_T)
ちゃんと上手に乗れているなあ(T_T)
良かったなあ(T_T)




2010.10.07 サービス?
ヘロヘロとお風呂から出てきたお世話係
カウチに座り込んでしばし放心。

すると…
それをじっと見上げていた笑さんが
みょーんと伸び上がって膝に乗ろうとしてきた。

…へっ?
まさか自分からお膝猫?

珍しい。
珍し過ぎる。
…というか、記憶にないかも(爆)
しかも
良く聞くと、ゴロゴロと喉を鳴らしている。

どうした笑さん!?
毛布をフミフミする時などに
自分勝手に(笑)ゴロゴロ言う事はあっても
ニンゲンに媚びてゴロゴロ言った事などなかったのに。

と・とにかくドーゾ。

膝にどっかりと座ると
笑さんは早速「ゆ~び~!」
あ、そ、そうね、やっぱり「指チュパ」なのね。

それでもこのシュチュエーションは貴重で
そして…かなーり、幸せだ。
膝にすっぽりと収まった笑さんのあたたかさで
お世話係はうたた寝に突入(したらしい・笑)。


~ 間 ~


「どげしっーっ!」

ホンワカ気分を蹴破ったのは
みぞおちへの強烈なキック。

「もう、ゆび、ごちそうさまでちからっ!」
…とばかりに膝の上から脱出した笑さんの置き土産だ。
ひ・酷いっ(T_T)

走り去る笑さんの後姿に
取り敢えずは「お粗末さまでした…」と言ってはみたけれど
何となく納得がいかないお世話係なのであった。





ちょとだけさーびす、してあげたんでちっ。

101008.jpg




今日は笑さんの、ウチのコ記念日。

ふぐすぃまのままの大豪邸から
笑さんを誘拐して来た日、とも言う(^^;)

…早いなあ、もう二年か。
そう思うと同時に
まだ「たったの二年」しか経っていないのだという事に
お世話係は正直、びっくりしている。

それ程
今のお世話係は、笑さんがダイスキ。
それ程
今のお世話係は、笑さんがタイセツ。

…照れるぜ(^^;)




記念日のプレゼントはコレ。
トンネル工事が大好きな笑さんの為にゲットしてみた。
どどーん!と136センチ、どーだ!



だいはしょうを、かねまくってまちね~。





なかもたのちいでちよ。

101005b.jpg



…ホッ、当たりらしい。
なかなか楽しそうに遊んでくれている。
トンネル自体がカサカサ音をたてるので結構賑やかで
夜中にエンドレスで遊ばれるとアイタタタかもしれないけれど…
笑さんが楽しいなら、それも良しとしよう。






ところが。
そんなめでたい記念日なのに
笑さん、またしても受難。

ニンゲンの夕飯時
いつものように一階を巡回していた笑さんに
梵が接近遭遇してしまったのだ。

梵にしてみれば
たまたま部屋の外を通りかかった笑さんに
「笑嬢さーん♪」と挨拶に出たのかもしれない。
梵は、人恋しい以上に「お猫さま恋しい」コなのだ。

けれど
引き戸の開いた部分からいきなり現れた梵に
笑さんは驚愕&激怒。
大絶叫と共に猛ダッシュで二階に避難…。

梵に
「距離感ってモノを考えておくれよ~」
…と苦情を言ってみたお世話係、
直後に「あっ、しまった」と思った。

見えない梵には、距離はわからない…。

ごめんね、梵。
そして
ごめんね、ごめんね、笑さん(T_T)




笑さん。
ここのところ、苦労ばかりかけて本当にごめんなさい。
それなのに
ひっつき虫で甘えてくれてありがとね。

ねーちゃんのそばにいてくれて
…ねーちゃんと一緒に生きてくれて、ありがとね。

ウチのコになってくれて、ありがとね。
ウチのコでいてくれて、ありがとね。
ありがとをいっぱい、ありがとね。

笑さん、大好きよ。







めでたい日に失礼しやした、トホホ。

101005c.jpg


ガテン娘・笑さん
カーペットを取り替えた途端、トンネル工事を開始。



作品その1
階段ラックにあったはずのベッドまで巻き添え…






作品その2
ほぼ「縦横無尽」状態…

101002b.jpg



…はああ、笑さん。
アナタったら
去年と全く同じコトをしているのねえ。
進歩のないお嬢さんだこと…。

…と
溜息と共に苦笑いが出そうになったその時。
お世話係のスカスカの脳ミソに
パチン!とスイッチが入った音がした。


ちがう。
ちがうちがうちがう。
ちがうぞーーーーっ。
ここは
溜息でも苦笑いでもない場面だ!

だって
「去年と同じ」。
去年と同じ光景が、目の前にある。

これは…当たり前の事ではない。
去年と同じ、どころか
昨日と同じ光景が、今日、目の前にある事だって
決して当たり前の事ではないはずなのだ。

「今日」

それは
迎えられなかった仲間達にとって
心から望んだ「未来」。
まだ若かったあのコだって
きっときっと、心から迎えたいと願っていた「明日」…。




お世話係よ、忘れてはいなかったか?
うーちゃんが教えてくれた
「いちにち、いちにちの大切さ」を。
「今ここにあることの、幸せ」を。

去年と同じお馬鹿さん、上等。
上等ではないか。
ねえ、笑さん。






…むずかしいはなしはおわったでちか?

101002c.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。