Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トイレ~には~♪


それは~それは綺麗な~♪


女神さまが~♪


………


………


………?










いるんでちっ!

101231b.jpg





し・シツレイいたしました。
今年のお馬鹿納めでございました(^^;)


みなさま。
こんな日記に遊びに来てくださる優しいみなさま。
どうぞ、良いお年をお迎えください…。


スポンサーサイト
2010.12.30 水も滴る…
関東の東の端っこ、激寒。
笑さんは
ゆたんぽを仕込んだハウスから出て来やしない。

…つまんなーい。


などと思っていたら。
部屋に戻ろうと階段を上がって来たお世話係
トイレのドアが開いているのを発見してしまった。

シマッタ。
トイレで遊ぶのが大好きな笑さんを阻止する為に
必ず鍵をかけておくようにしているのに…。

…え?鍵?
そうなのだ。
鍵をかけないと
取っ手に飛びついて自分で開けてしまう笑さんなのだ(^^;)


慌てて中を覗くと
そこには…。

フタまで自分で開けたらしく
便座に乗って両足を踏ん張り
逆さまにならんばかりの体勢で
一心不乱に遊んでいる笑さんの後姿が。

う・うぎゃああ~~~っ!
笑さん、
そこで…
そこでしちゃったんですか?お水遊び!?

振り返った笑さんは
まさに、水も滴るイイ女。

タ~ス~ケ~テ~(T_T)




お世話係の絶叫にも動じず
悠々とトイレから退場した笑さん、
その後は満足のお毛繕い…。



てちてちてち♪





でもねえ、笑さん
そのおテテについたお水って…(T_T)

101230b.jpg



イヤだあ
いくら何でもこれはイヤだあ(T_T)

今日いちにち
笑さんの鼻チューにも
ビミョーな気持ちになってしまったお世話係なのであった…(ToT)


2010.12.28 ふまーん
ふまーん

ふまーん

ふまーん

あ。
しつれいしまちた、あたち、笑でち。


あたちは、ふまんなのでち。


あさ。
ねーちゃんがまどのおそうじをはじめたので
おてつだいをしようとしまちた。

あ、
レールでちね。
笑がカシカシしてあげるでち!
ほ~ら、きれいきれいになるでち♪

あ、
こんどはふきふきするでちか?
んじゃ、笑も!


「あのね…
 笑さんがいると窓、開けられません…」

あれれえ?
笑、おへやのそとにだされちゃたでち!
ひどいでち~。

笑、いっしょけんめ、おながいしまちた。
あのへんなボサボサのおっさんみたいに
でっかいこえなんかださないでち。

カ~シカシカシ
カ~シカシカシ
とびらをずうっと、おつめをださないでひっかきまちた。
笑、おりこうさまでち♪

「仕方がない、ど~ぞ…」

あ、あいた!
んじゃ、笑、またおてつだいするでち!

しばらくまどをゴシゴシしていたねーちゃんが、いったでち。

「ありがと笑さん。
 おかげですっかり綺麗になりました。
 内側だけね…」

どーいたちまちて、
えへん!でち!





それでもあたちは、ふまんなのでち。
ねーちゃんはずうっと、いそがしいんでち。

「おひるねんこは出来ますよ~♪」

そのこえに
うれちくておふとんにズボーッ!ってとびこんじゃったでちケド…
なんだかちょと、くやちいかんじ。
だから笑、
おちりをむけてねてやりまちた!

それなのに
それなのに
ねーちゃんったら…

「えへ♪笑さんのお尻のにほひ♪」って。

よろこんでるんでちよ!
…へんでち。
このヒトぜったい、へんでち(-_-;)



ふまーん。
あたちはふまんなのでち。

ちゃんとおさんぽにもいけまちた。
いっぱいいっぱい、いけまちた。
でも
やっぱり笑は、ふまんなのでち。

だって
ねーちゃんのいちばんのおしごとは
笑のそばにいて、笑だけをみてることだって
…う~父ちゃんがそうおしえてくれたでち。

ねーちゃんは、いはんしてるでち!

やっぱりどうぢてもくやちいので
ゆうがた、ねーちゃんがちょっとおすわりしたすきに
おもしをしてやったでち。

どだ、これならうごけないハズ!
いちばんのおしごと、するでちよ!







「えへっ
 えへへへへっ。
 笑さんがお膝に来てくれちゃった♪
 珍しい~、嬉しい~。
 えへへへへ~っ♪」


…あれれ?
ねーちゃん、またよろこんでる?
笑は「こーぎ」しているんでちよ?

ちょっと、ねーちゃん?
わかってるでちか?


…ああ、あたち、おもいまち。
笑ってば
笑ってば
くろうのおおいおねこさまでち…。




2010.12.25 クリスマス
めりくり、なのでち~っ!

あたちのねがいは
せかいせーふく!
…あ
ちがったでち。
せかいへーわ!



emi-santa.jpg






…あのう

…あのう

…恥ずかしながらあっしも…



メリークリスマスでやんす♪

bon-santa.jpg


2010.12.22 多分復活
ふ・復活…したのか?

ケーになりそうなご飯を避けて
パウチばかりを出しているせいかもしれないけれど
梵、あれから一度しかケーしていない。
しかもそれは空腹ケー(らしい)。

一昨日あたりから
少しずつカリカリも出すようにしている。
けれど
はじめにケーになったあのカリカリ以外の物だ。
そしてそれは大丈夫。

…となると。
原因はあのカリカリだったのだろうか。

確かめてみるのは簡単。
容疑者、もとい容疑カリカリを
ほぼ復活した状態の今、もう一度出してみれば良い。

がっ。
がっ。
そんなのイヤだーーーーーー!

ヘタレ、かつ
こと、お猫さまのご飯に関しては世界一地球に優しくないお世話係、
…捨てた。
とっとと捨てた、容疑カリカリを。

容疑カリカリ君よ、
もしも濡れ衣だったら許してくれたまえ(^^;)






見えない梵の一発芸(?)
「とったどー!」




2010.12.19 当落予想
本日
市議会議員選挙の投票日。

投票する候補者はもう決めてあったけれど
ところで他には誰が立候補しているのだっけ?(←失礼)と
どっこいしょと新聞を広げてみた。

すると
すかさず笑さんがやって来た。
そしてどどーん!と座り込み。

新聞が好きで読むのを邪魔するお猫さまは多いと聞く。
けれど
笑さんは普段、全く興味を示さない。
それなのに
今日はお世話係の目の前に陣取り
お尻を向けて熱心に見入っている。

「笑さん、見えません。どいてください…」

…聞いちゃあいない。

「それじゃあさ
 笑さんは誰がイイなって思います?」

聞いた自分がアホだった、と
そう思った瞬間。

なんと
笑さん、すっくと立ち上がって
ひとりひとり点検を始めた!

クンクンクン
スンスンスン
ホリホリホリ
テシテシテシ

あらあらまあまあ(^^;)
笑さん、ヤル気満々ですね。
でも残念ですねえ
まだ選挙権はありませんねえ。
あ。
うーちゃんならあったのにね、選挙権…。


ちょっと泣き笑いで見ていたら
しばらくして…
とある候補者のところで
笑さん、モーレツなお砂かけを始めた!

カシカシカシ
カ~シカシカシ
カシカシカシったらカシカシカシ~!

うわっはっは~
笑さん、その人ダメなの~?
ねえねえ、ダメなの~?
まだかけるの?お砂?
うわ~っはっは~~~!
…爆笑。


28人の立候補で25人の当選(だったかな?)のゆる~い選挙。
この「お砂かけられ候補」の当落が
ヒジョーに気になってきたお世話係なのであった。




てんけんちう~♪




2010.12.18 ビミョー…
木曜日朝。

いつもは秒殺するパウチひと袋を
モソモソ・ボソボソと食べ
夕方までかかってやっと完食。


夜。

カリカリに見向きもしないので
仕方なくまたパウチ。
これは結構な勢いで食べて
「あんがー♪」

幸いな事にこの日はケーなし。



金曜日。

朝、またカリカリに挑戦するも
匂いを嗅いだだけで「いやー」(←本当にそう聞こえた)。

なのでまたパウチ。
ボソボソと食べる。

立派とは言えないまでも運光さまを生み出したので
どうやら
心配していた毛玉での閉塞ではなさそうだ。

このままご飯を食べられれば
そしてケーがなければ
病院へ行くのは見送れるかも。

それにしても
どうしてカリカリが食べられないのだろう。
前日までモリモリと食べていたのと同じ物。
いきなり歯でも痛くなったのだろうか。

試しに、毛玉ケア用のスナックをあげてみる。
…あら?
普通にバリバリと食べているぞ(^^;)

はい、梵。
お口痛い説も排除~。


夜の時点でまだケーもないので
それならばと、またカリカリに挑戦。

すると
母に説教されるので、仕方なしといった風情でポリポリ。
けれどほんの少量だ。

それでも
ひとまずはカリカリもお腹に入ったのでやれやれ、と思っていた。
なのに
約二時間後…
またしてもほぼ形のままの状態でケー。

なんなんだーーーー!
やはり病院行き決定。



…と思いきや。

今朝、「これならどーだ!」と出してみたカリカリ、
偏食&少食選手権女王の笑さんの最終秘密兵器
モ○プチの某カリカリを…
いつもとほぼ変わらない様子でポリポリしたのだ。

「うめー」だそうで(^^;)

カリカリ=ケーならば
これだってそのうちケーになるはず。
けれどこれは大丈夫だった。

あっちの「いやー」なカリカリはケーで
こっちの「うめー」のカリカリは大丈夫。
それってどういう事なのだ、梵よ?

ああ、もう、ワケわからん…。

本猫は実に色々とおしゃべりをして
何かを伝えようとしてくれている。
…がっ。
ニンゲンのほうがまだ、梵語を上手く理解出来ないのだ(T_T)




病院に行くと
診察台が揺れるのではないかと思うほど震えてしまう梵。
見えない目で必死にどこかに隠れようとする梵。
出来れば通院は少なくしたい。

かと言って
この状態はお世話係には理解不能過ぎる。
ああ、アタマがウニ…。





あっしはご機嫌なんでやんすよ♪






2010.12.15 梵、ピンチ!?
昨日の朝。

「ごちそうさま~♪」が聞こえないので
あれれ?と思いながら梵のお茶碗の片付けへ向かった。
すると
あら珍しい。
半分以上も残してある。

不審に思ってあたりを見渡すと
うぎゃー。
思いっきりケー、山盛りのケーがある。

…これは吐出しだな。
ほぼ形のままのカリカリなので
急いで食べ過ぎたのだろう。
それなら心配はいらない(はず)。
残りはそのまま置いておこう。

…と
呑気に構えていたら。

何と。
その後、梵は全くご飯を食べられなくなってしまった。
食欲大魔神の梵が。
世界が終わる日が来ても
黙々とご飯を食べ続けていそうな梵が!

食べたそうなそぶりでお茶碗まで行くのだけれど
諦めてトボトボと撤退し
悲しそうな声で「ふにょ~ん…」。
そして
そんな事を繰り返すうちにやっと何粒か食べたカリカリも
ほどなくケーになってしまった。

これはイカン、とそれ以降は今朝まで絶食。
それでもお水がケーになる。

一昨日の夜までは、いつもと変わらず絶好調だった。
すると
…異物か?
何か飲み込んだのか?
えらいこっちゃ~~~!


今朝。

祈るような気持ちで「ど~ぞ」した朝ご飯も
やはり梵は食べられない。
やばいやばいやばい、ヤバ過ぎるってば~~~!

仕方がないので
梵の目の前で宣言する。

「ピンポンパンポーン♪
 梵さんに残念なお知らせがあります。
 ご飯が食べられないので病院送り決定です」




その状態でもポテポテとハウスから出て来て
「遊んでくだせぇー」とアピールする梵(^^;)






レントゲンの結果では
特筆するような異物は見当たらなかった。
なので
休診日明けの明後日まで、プリンペランで様子を見る事に。

ダイジョブか、梵~~~!?

幸い
お昼前に出した少しのご飯は食べる事が出来た。
そしてそれはリバースなし。
注射が効いているのなら嬉しいのだけれど。


「昨日は全然寝られなかった」
そうブツブツ言っている母。
今日はケーに備えて懐中電灯持参で寝るらしい。

…頑張れ、母。
アナタの娘も、ずいぶん長い間そんな生活をしていたのであるぞ。

そして
頑張れ、梵。
あんな酷い状態から復活した強いコだもの。
これくらいの事、何でもないはずだ!



2010.12.14 オンナは…
こんなお顔だけれど…






こんなお顔だけれど…

121014b.jpg




超ご機嫌さんで
大音量のゴロゴロ発生中。

101214c.jpg



…いいのいいの。
オンナは器量ではないですよ、笑さん(^^;)


梵が「お知らせ」してくれるのは
運光さまだけではない。

もうひとつ…
実は
「ごちそうさまでやんす~!」というお知らせも
欠かさずしてくれるのだ。

はじめのうちは、気が付かなかった。
ご飯を置いた後は
梵が落ち着いて食べられないと可哀想なので
母もお世話係も即・部屋から撤退していたからだ。

どうして食べている最中にひと言だけ
「うっぴゃあ~~~~~!」と叫ぶのかと
ずっとハテナを飛ばしていたのだけれど…。

ある日それが「ごちそうさま」なのだとわかって
お世話係、梵のケナゲにまたナミダ。

今日もまた
ご飯を「どうぞ♪」してから約五分後(早っ)
大きな声のごちそうさまが聞こえる…。




そうそう。
別の事でお知らせをしてくれた事もある。

お腹はいっぱい、トイレも掃除した後なので
何事かと思って駆けつけてみたら…
何と。
お水入れに激突してしまったらしく、畳までが水浸し。
梵は梵なりに
「一大事でやんす~!」と思ったのだろう。

ありがとありがと、お知らせありがと。
偉いね
偉いねぇ、梵…(T_T)


梵、超推定(爆)年齢七歳。
ケナゲ満載、積載オーバーなオトコ。




本日は「ど~もスイマセン寝」をご披露(^^;)




2010.12.11 求む・同志
笑さんゆたんぽで眠るのが至福の季節がやって来た。

枕元から器用にお布団の中に潜り込むと
いつの間にか
ちょこんとお顔だけを出してお世話係の枕をブン取る笑さん。
お顔が近くにあり過ぎて
鼻息がプープーと聞こえる事もたびたびだ。
シアワセだなあ…。


けれど
昨夜は笑さん、ちょっと間違ってしまったようだ。

なんと
お世話係の目の前には、あんよ!
ボフッと顔を蹴られた感触で目をさましたら
そこにどーん!と、笑さんのあんよがあったのだ。

気が付いていない笑さんは
その後も気持ち良くノビをするたびに
お世話係の顔をゲシ!
何度も何度もゲシ!

…なんか酷くないかい!?

いや、それなら
とっとと笑さんをどかせば良いのだけれど…
わかってはいるのだけれど…
何なのだろう
この、そこはかとない幸福感は(爆)

ネボネボしながら
「あんよのにほひ~♪」とか言ってニヤついているお世話係は
もしかしたら、ちょっとアブナイ奴なのだろうか。

どどど、どこかに同志は、いませんかっ!?





早朝の特等席にて。




2010.12.09 痛っ
抱っこキライ
お膝もキライ
ナデナデもキライ

そんな笑さんの
たったひとつ大好きなコミュニケーション
それは「鼻チュー」。

おはようでち
おかえりでち
ごはんたべたでち

何かというとお鼻をフンフンさせて
お世話係の鼻にちょんとタッチ。
これが
無口な笑さんの最高の意思表示なのだ。



さて本日。

いつものように
「いっしょにおひるねんこでちー!」と
懐に潜り込んで来た笑さん。

何を思ったか
鼻チューの体勢に入ったので
はいはい、とそちらを向いたら…。

「バチバチバチッ!」

イテテテテ~!
せ・静電気か!?
目の前に火花が散ったぞ?

おっと
それどころではない。
笑さんは?


笑さんは…
それこそ「いったいなにがおこったでちか!?」という
鳩が豆鉄砲をくらったようなお顔になっていた。
おメメ真ん丸、おヒゲはピュンピュン。
あまりにびっくりして
この場から逃げ去る事すら忘れたらしい(^^;)

ゴメンゴメン、笑さん。
ねーちゃんが悪いわけではないと思うけれど
とりあえずゴメンなさいよ~。

謝りつつ、なんだかなぁ~と思うお世話係なのであった(^^;)

…それにしても、痛かった。




その後。

延々と続く、不審物を見るようなお顔。








2010.12.07 反省梵
梵は、また、やらかしてしまった。
笑さんの気配が嬉しくて
つい、つい…
ドドド~ッ!と突進してしまったのだ。
その上
しばらく廊下を追いかけてしまった様子。

当然笑さんは激怒し
ものすごい唸り声の後
お世話係のいるキッチンへと逃げ込んで来た。

梵の気持ちはわかるけれど
笑さんにストレスがかかるのは断固阻止したい。
なので
お世話係は梵に苦情を言おうと姿を探した。

…いない。

梵は
とっくに和室に戻り
そして…
キューブハウスの中で小さくなっていた。

このキューブハウスは梵のシェルター。
怖い事があったり何か失敗してしまったりすると
すかさずそこに避難するのだ。

…わかっているのだなあ、梵は。
「あっし、またやらかしちまったでやんす…」と。

鼻先だけ出して申し訳なさそうにしている梵を見て
お世話係、心が痛む。
けれど
これは、これだけはケジメ。
心を鬼にして「ダメでしょ!」と言い放つ。

すまぬのう、梵…(T_T)



ここからは
母から聞いた話なのだけれど。

お世話係が和室を出て行った後
梵はしばら~く、キューブハウスから出て来なかったのだそうだ。
しかも
小さな小さな声で
「…えう…えうう…」と言い続けていたと。


…梵、ごめんね。
「ダメでしょ!」はねーちゃんのほうだよね。

見えないのは梵のせいじゃないのにね。
梵は
笑さんとお友達になりたいだけなのにね。

ねーちゃん
何の役にもたたなくて、本当にごめんね…。





きのうもきょうもおっさんのおはなしだなんて、むかつくでちっ<(`^´)>

101207.jpg


お洗濯を失敗したウールのような、梵。
モケモケモサモサ(^^;)








…の


これが…


これが…






魅惑のハミ毛あんよだっ!!

背景


ねーちゃんがあったかいコートをかってきたので
笑はさっそく
だいすきなふくろのなかにはいりまちた。

「あっらー、笑さん。
 相変わらず袋が好きねえ♪」

ねーちゃんはケタケタわらうケド
…ちがうんでち。
ねーちゃんはちっともわかっていないでち。
笑は
笑は、かんがえているんでち。




101204a.jpg




笑、しってるでち。
ままのこと、「おふくろ」っていうって。

笑の、ニンゲンのおふくろちゃまはふぐすぃまのまま
だいすきなだいすきな、にんげんまま。







笑の、たましいのおふくろちゃまは、かもめ母ちゃん。
だいすきなだいすきな、たましいまま。


101204b.jpg



…でもね
笑の、ねこのおふくろちゃまはどこにいるでちか?
笑、ねこままのおかお、しらないんでち…。


ねえ、まま。
笑のこと、おぼえてるでちか?
笑はいいこでちたか?
笑は、笑は…
ままのおなかでまぁるくなってねんねしたことがありまちか?




ままぁ…。



101204c.jpg


2010.12.01 シアワセ
ふと振り向いたら
朝日をいっぱいにあびた笑さんが
気持ち良さそうにウトウトしていて…







それを見た瞬間
何故だか…
とっても幸せなキモチになって
思わず涙がちょちょ切れ(^^;)




慌ててすぐ上に飾ってあるうーちゃんの写真を見たら
なんだかうーちゃんが
三日月おメメで笑っているような気がして。


101201b.jpg



「ねーちゃん、
 またひとつ、気が付いたですか?」

そう言って
ニッコリ笑ってくれているような気がして。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。