Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前の
何という事のない動画。

「目の前をニンゲンが通るだけで
 怖くてハーッ!と威嚇していた梵」が
ここまで甘えられるようになった、

ただそれだけの事なのだけれど…。







スポンサーサイト
2011.06.29 小さなおつむ
こちら、昨夜の笑さん。
こんな物までオモチャになるとは(^_^;)







そして今日。

お風呂から出て着替えていたら
居間から盛んに「うーちゃん」という言葉が聞こえる。
なんだろうと思って聞き耳頭巾(^_^;)になってみると。

「うーちゃんがね、お利口過ぎたの!」

「そーだなあー。
 うーは何でもよくわかってて
 本当に利口だったからなー」

「そっ!」

「だからコイツ見てると馬鹿に見える」

「うーちゃんと比べちゃったら、みんな馬鹿よ。
 第一、頭だって小さいでしょ?」

「…小さいよなあ。
 だから、脳ミソも少ないんだろうなあ」


どうやら
話題は笑さんのお馬鹿さん加減について、だったらしい。
そして
比較の対象は当然、うーちゃん。

なんだか
おかしいやら切ないやら…。

ねえねえ、うーちゃん。
偉大過ぎるお猫さまの後釜は結構大変みたいですよ^m^




それからね、笑さん。
良いのですよ、お利口さまでなくっても。

だって、ねーちゃん知ってるもの。
笑さんの小さな小さな脳ミソの半分は
ちゃんと「ねーちゃんスキ♪」で出来てるってコト。 

ねーちゃん、ちゃあんと知ってますもの。
 



…でも、やっぱり小さ過ぎる気がするおつむ…(^_^;)

110629.jpg


箱のお気に入りはDHC。
紙袋系のお気に入りは、ゆうぱっく。
そして
ビニール袋系では断トツ、ユニクロ。

これが笑さんのお気に入り。
なので
お世話係はつとめて、それらを切らさないようにしている。

はいはい、
「このお猫さま馬鹿が…」と、大笑いプリーズ(^_^;)



けれど
ここにきて、非常事態勃発。
ユニクロの袋がなくなってしまったのだ。

実は
最寄りのユニクロは…
津波でドンブラコと流れてきた巨大コンテナが激突し
その後に大火災、真っ黒焦げ。
現在もそのまま放置状態なのだ。

他の袋ではテンションが下がる笑さんを見て
お世話係、悲しくなる。
次に近いユニクロまでドライブするには、腰が辛いし。

えーん(ToT)

…と思っていたら
一昨日、ちょっと似たような素材の袋をゲットした。
早速笑さんに献上すると
「うあー、ひさしぶりでちー!」とばかりの喜びよう。







何と、ほぼ一日中離さない。
潜ったり踏み踏みしたり
そして
ズサーッ!とスライディングして壁に激突したり。

笑さん…。
そんなに待ち遠しかったですか、この袋。
不可抗力とは言え、ゴメンナサイねえ。
「なんちゃってユニクロ」袋ですケド
思う存分、遊んでくださいね。

…でも
出来れば…
夜中だけは静かにしていただけると
ねーちゃんとっても嬉しいんですケド…(^_^;)


2011.06.26 強気返上?
「えぐ~~~!えぐえぐ~~~!
 あぎゃぎゃぎゃあおーーーん!」

おお、
笑さんが二階で雄叫びをあげている。
最近ブームの
「てぶ子ちゃんラブラブタイム」だ。

しばらく待っていれば
てぶ子ちゃんを咥えた笑さんが得意気に階段を降りて来る。
そして
見せびらかすが如くニンゲン達の前を何往復もする。

何かが相当楽しいらしい(^_^;)



いつもそれを見て大笑いをするのだけれど
今日はお世話係…
二階でどんな光景が繰り広げられているのか知りたくなってしまった。
そこで
足音を忍ばせてそーっと階段を上がって行くと…。

…あら?
途中から「あおあおー!」が聞こえなくなってしまった。
どうした?

尚も抜き足差し足忍び足で部屋に到着し
目だけ出して部屋の中を覗くと…。

いない。

笑さんの姿はどこにもなく
部屋の真ん中に置き去りにされたてぶ子ちゃんがポツン。
どうしたのかと部屋に入ると
何と、ベッドの下から
「ぅなぁああああああああーーーっ!」という声。
一瞬、どこの猫さん?と思ったほどの凄い声だった。

慌ててベッドの下を覗くと
そこにいたのは
身体もお耳もペッタンコにして
おまけに瞳が超真ん丸に開いてしまった笑さん!

え・笑さん?
もしかして…
いつもとは違う足音だったから
知らない人が来たと思って怖かった!?

「えーみさん?」

そう声をかけると
「うえええーっ、ねーったんだったでちー」
…とばかりに走り寄って来たけれど
そのしっぽは最大級に膨れ上がってビン洗い用のブラシのよう。

ありゃりゃ。
本当に怖かったのか…
それは申し訳ない事をした(T_T)



ゴメンゴメンと謝りつつも
いつもの強気過ぎる笑さんはドコに行ったの?と
ハテナがいっぱいのお世話係(^_^;)




ムーッ、でち。



2011.06.25 梵風お出迎え
日が長くなったので
早めに帰宅するとこんな光景を見る事が出来る。




ねーちゃんさんでやんすかー?




玄関手前の梵の部屋(=母の部屋)から
一生懸命にこちらを見ている風な梵。


「あらあらあらあら、梵ったら。
 見えてもいないのに見えてるみたいに~♪」

などと悪態?をつきながらも
実は
嬉しくて顔面総雪崩状態になってしまうお世話係
…なのである。


2011.06.22 びろろーん
珍しく早く帰宅出来たのに
笑さんがお出迎えしてくれる気配がない。

不満タラタラで部屋に入って行くと
そこにはこんな光景が。







…ちから、抜けるって…。
   

2011.06.21 変顔






何じゃ?そのお顔は(^_^;)







えーんえーん
ねーちゃんひどいでち。
こんなおかおみられちゃったら
もうおよめにいけないでち。
ねーちゃんとおそろいになっちゃうでちー。


「はい?笑さん?
 今、何かおっしゃいましたですか?」


…ねーちゃんとおそろ…
いいい、いえっ、
なんでも、なんでもないでちっ。

ふう。

笑、2さいと11かげつ
くろうのおおいおねこさまでち…。



2011.06.20 期待大
梵にはびっくりさせられてばかり。

…まあ
一番のびっくりは
あの酷い状態から生き延びてくれた事なのだけれど(^_^;)


今度は一体何がびっくりなのかと言うと。

「毛」。

ある日しみじみと見たら
真っ黒かったはずの脇のほうの毛が
…やけに茶色っぽい。




頭や背中の色との違いがわかるだろうか。





アップ

110620b.jpg



…あららら、梵
いつの間にそんな事に。

母などは
「窓際で寝こけ過ぎて毛が日焼けしたあー!」
などと騒いでいるけれど
そういうのもアリなのだろうか(^_^;)


梵。
どうせなら
頑張って、もう少し茶色くなってみて頂戴。
そうすれば
世にも珍しい、縁起の良い「男の子の三毛猫」さま。


全国の梵ファンのみなさま(←いらっしゃるのかしらん!?)、
乞うご期待~(*^_^*)


笑さん、紐で遊ぶ。
夢中になってキバが出ている(笑)





…と
一見普通の、この光景。

けれど実は
この紐はこんな事になっている。



持ち手は150センチの園芸用支柱!

110618b.jpg



これは
腰痛がちっとも改善しないお世話係が
笑さんの為に考えた「横着猫じゃらし」だ。

何せ
笑さんが満足するように猫じゃらしをブンブンすると
お年頃の腰が悲鳴をあげる(^_^;)

なので
ベッドの下に潜り込んでしまったおもちゃを回収する為の棒に
お菓子の紐を括り付けて代用品にしてみたのだ。

これがあれば
お世話係はほとんど動かずに笑さん満足♪
ドタバタと部屋じゅうを走り回れてご機嫌さんだ。
お世話係、ちょっとした釣り人気分も味わえたりして(笑)



オオモノがかかったどーーー!

110618c.jpg



時々
このまま吊り上げられて喜んでいる笑さん。
なので
調子に乗って何回もやっていたら…


「バキッ!」

笑さんの重さに耐え切れなくなった棒が
まっぷたつに折れてしまった。

…同時に
お世話係の腰に激痛が走ったのは言うまでもない。


横着者に、天罰下る…(ToT)


2011.06.15 未確認生物

何だろう
このフシギな生物は…(^_^;)






2011.06.12 3か月
笑さんがご機嫌さんで遊んでいるのは…






あの地震で崩れたままの所だったりする。

110612b.jpg
(注・もちろん、これ以上崩れないかどうか足で蹴りまくって確認済)






あれからもう、3か月…。

小さな命は、一体どうしているだろう。



お腹、へらしてねがー?
暑くねがー?
寒くねがー?

…寂しくねがー?(T_T)


2011.06.08 愛されキャラ
「ぴーや!ぴーや!ぴーーーやっ!」

今日も朝から絶好調に響く
梵の「ご飯ください」コール。
賑やか過ぎて頭が痛い(笑)

梵のすごい所は
定刻まで、つまり、ご飯が目の前に出てくるまで
ずーーーーっと叫び続ける、という所だ。
たとえどんなに早く叫び始めたとしても。

ある意味、ド根性(爆)



さて。
そんな梵。

ご飯の前には、母が赤ちゃん用スタイを着けにいく。
前、というのは
ご飯も一緒に持って行くと、とんでもない騒ぎになって
スタイ(通称マイマイ)どころではなくなるからだ。


「はーい、ぼんぼん。
 マイマイしましょうねぇ~♪」

…と。
何故かその瞬間から、梵の絶叫はストップする。
そして
母がキッチンから戻るのを待つのだ、大人しく。


母、ニヤニヤしながら言う。

「梵は、マイマイしたらご飯だってわかるのよ~。
 だからちゃんと待ってるの。
 おりこうさ~~~ん♪」

はいはいはい、そうですね
その通りかもしれないですね。

でも母よ。
お世話係は
昨日も一昨日もその前も
早く言えば、スタイを着け始めた日からずっと
アナタの同じセリフを聞き続けているぞ…(^_^;)


~ ~ (間) ~ ~




「ぴーーーーーーーーやんっ!」

あ、ご飯が終わったようだ。
再び母が言う、ニヤニヤしながら。

「あー、ゴチソウサマだ。
 梵はね
 ご飯が終わったからマイマイはずしてくださいって
 ちゃあんと教えてくれるんだから。
 おりこうさ~~~ん♪」

…母よ。
お世話係は
昨日も一昨日もその前も…以下同文(爆)



どうやらとても愛されている模様。
良かったヨカッタ。




魅惑の後ろ姿♪





だけでもナンなので


最近のお得意、モデル座り♪

110608b.jpg


2011.06.05 お時間拝借
今日もチマチマとお裁縫。
笑さんの「ブッ散らかしお手伝い」も覚悟の上、
だったのだけれど。

…笑さん、テンション低っ。

遠くからじとーっと眺めているかと思えば
目の前をのっしのっしと往復する。
もちろん
お世話係をガン見しながら。

何か言いたげなその態度
しばらくしてからあっ、と気が付いた。

笑さんはお散歩に行きたいのだ!




まだでちかねー?





ご、ごめんなさいね、笑さん。
ねーちゃん
お休みの日くらいしかお裁縫出来ないので
今日はお散歩我慢してくださいねえ。




笑だって
おやすみをたのちみにまってたでちのに。

110605b.jpg


ごごご、ごめんなさいごめんなさい。

でもね、笑さん。
笑さんには
お家もあるしご飯もある。
それに、へっぽこだけどカイヌシもいる。

だからね
ちょっとだけ
ほんのちょっとだけで良いですから
笑さんの「タノシイ」の時間をあのコ達の為に分けてくださいね。

ね、笑さん
おながいね。




くすんくすんくすん、でち…。

110605c.jpg





この後
お世話係が立ち上がるたびに走り寄って来た笑さん。
ついには
ジャンプ一番、お世話係のお尻に張り付いてブ~ラブラ(^_^;)
…という
微妙なワザまで繰り出したのであった…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。