Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.30 ご飯のチカラ
…忙しい。
どうしてこんなに忙しいのかと悲しくなる程、忙しい。

…と
ヘロヘロとカウチに座り込んでいた昨夜19:28。
またしてもグラグラグラ!
震源は近いけれど危険な程大きくはなさそうだ、
そう思ったお世話係はそのままボケー。
けれど
しばらくしたら第二波がやってきた。

ズズン!

あ、こりゃイカンかも。
そう思った瞬間には
もう笑さんはベッド下に緊急避難済。

…笑さん。
アナタは間違いなく、ねーちゃんよりも生き残る(^_^;)


揺れが収まった後
階下の梵に声をかけてみる。
「お~い、ぼんぼーん、ダイジョブ~?」

すると
下からは何やらドカンドカンという音がするではないか。
てっきり梵がパニックになって
入り口の引き戸にでも激突しているのかと思い
急いで階段を降りて行くと…。

直後
梵のご飯のお茶碗を持った母がやって来た。

「は~い、梵ちゃん、お待ちどーさま~♪」

何の事はない。
梵は…
ただ、ご飯が待ちきれなくて体当たりしていただけだったのだ。


…そうかそうか、良かった。
ご飯の待ち遠しさに比べたら
あんな揺れ、どうってコトなかったのだな(^_^;)

梵。
アナタも間違いなく、ねーちゃんよりも生き残る!




ご飯ご飯ご飯~~~っ!




スポンサーサイト
朝。

キッチンへと降りたお世話係を
例によって笑さんがフン子して来た。
ご機嫌さんで足もとをウロウロする笑さん。

けれど
そこにタイミング悪く、梵がやって来た。

「ぴーや♪」

笑さんはいきなりイカ耳になり
ダイニングの奥まで避難した。
それでも梵がテコテコと追いかけて来るので
今度はテーブルの上に飛び乗った。

テーブルの下から必死にアピールする梵。
ウーウーと唸り続ける英さん。

そのうち梵は
ヨイショと伸び上がって椅子の座面に手をかけた。
そして
そのままの姿勢で
「ぴーや、ぴーや、ぴーやっ♪」

あらら。
見ようによっては「ロミオとジュリエット」(^_^;)

けれど
笑さんの怒りは増すばかり…。


…ねえ、笑さん。
そのロミオさんは多少オッサンで
それから、多少ブサイクではあるけれど…
それなりに良いオトコだと、ねーちゃんは思うですよ。

だから
もうちょっと、ちょっとだけで良いので
優しくしてあげてもらえませんかしら?




…のーこめんとでち。




お猫さまに赤ちゃん言葉で話しかけるなんてありえない。

長年そう思ってきたお世話係が
今や「でちでち言葉」炸裂ときた。
全く、人生何が起こるかわからない。

そう、本当にわからない…。

先日。
お買い物の途中ボーッと歩いていたら
可愛い小物が目に入った。

その瞬間
お世話係が口走ったのは
なーんーとー
「あっ、可愛いでやんすね♪」

…はあ?
ぢぶん、今、何て?



へっぽこお世話係、アナザーワールドにまっしぐら。
くわばらくわばら…。





あっしのせいでやんすか?




そーでやんすよ(爆)



2012.04.16 桜 '12
ども、あたち、笑でち。

ことしも
ねーちゃんのおはなみにつきあってあげまちた。
う~父ちゃんとさいごにみた
ねーちゃんのおもいでの、さくらでち。

もうほとんどちってまちたケド…。



 (4/15撮影)


あのね…
ホントはあたち
さくらさんがあんまり、すきくないでち。

だって
ねーちゃん、いっつも
さびしいおかおになっちゃうでち。





ねーちゃん!
わらうでちよ!
それがねーちゃんのおしごとですよ♪って
う~父ちゃんがいってたでち。


ねーちゃん、わらうでちよ♪

あたちが、いまちよ♪



120416b.jpg


ども、あっし、梵でやんす。

ねーちゃんさんが
「おーい、ぼんぼーん♪」って呼ぶから
おうちからお顔を出したでやんす。




はーい?





そしたら
何故かねーちゃんさん、大喜び。

「いやーん、梵ったらカワイイじゃないのー!
 オッサンなのにぃ~!」


し・失礼でやんすね。
オッサンだって可愛いんでやんすよ、
たまには(^_^;)



お散歩中。

広縁でくつろぐ梵を発見し
少しでも高いところに行って(笑)ガン見する笑さん。
ものすごい声で唸っている。

けれど
梵のほうは緊張感ゼロ(^_^;)






何とかならんか、このふたり(^_^;)


2012.04.06 チュ♪の悲劇
昨夜の事。

カウチで放心していたお世話係の
目の前1メートルの所に笑さんがお座り。
そして
アンヨをヒョイと上げたかと思うと
おもむろにお尻のお手入れを始めた。

…おお、珍しい。

お世話係の育て方が悪かったせいか
笑さんは滅多にお毛繕いをしない。
当然、お尻のお手入れも。
そう…
笑さんは「汚ギャル」を地で行っているのだ((+_+))

しばらくの後。

ふと、笑さんと目が合った。
その瞬間
笑さん、お手入れをやめてお世話係の方へまっしぐら。

まっしぐら。

まっしぐら。

…まっしぐら?

ウギャー、これはまずい!
…と気が付いた時には遅かった。

笑さんはお世話係の膝にオテテを置き
 お顔をずずいっと近付けて
「ねーちゃーん!
 えみーは、おしりんこのおていれ、しましたでち、
 チュ♪


オーマイガーッ!




おはようもおやすみも、チュ♪
ありがとも、チュ♪
何してるでち?も、チュ♪
びっくりしても、怖くても、チュ♪

鼻チューは笑さんのコミュニケーションツール。
いつでもチュ♪
どんな時でもチュ♪

わかってはいるけれど(T_T)



…笑さん。
お尻のお手入れ、上手に出来て偉かったですね。
でも、ねーちゃんは
かなりビミョーなキモチです。

ええ、今回ばかりは…。




もんくいうなら、ぱんちでちよ!




2012.04.05 ファイター
お世話係、ヘロり中につき…



闘う笑さんの雄姿にてシツレイ m(__)m





2012.04.01 最接近?
梵がまた
開いているバリケードから侵入して来た。
そして
今日はトットコと部屋の中に!

笑さんは咄嗟にトンネルの陰に隠れ
おメメだけ出して警戒警報を発令している。


そんな状態ではあるけれど
これって…
もしかして…
バリケードなしの最接近記録かも!

…と
慌ててカメラを構えたお世話係。
…お馬鹿?








この後…?
はいもう
それはご想像の通り…(-_-;)


2012.04.01 二十五歳
キッチンでパタパタと仕事をしていると
チリンチリンチリン!と鈴の音。

ああ、笑さんがフン子して来たのだな。

けれど
しばらく待っても走って来る気配がない。
途中でひっかかってイタズラでもしている?
そう思って見に行っても姿がない。

不審に思って部屋に戻ると
笑さんは…
テントハウスの中で爆睡していた。


ここにきてお世話係、ようやく気付いた。
「うーちゃんだぁ~~~!」

『おーい、ねーちゃん!
 お誕生日記念に帰って来てるですよ~。
 いい加減に気が付いてくださいです~!』

うっわー、うーちゃん、ごめんなさい。
ねーちゃんね
笑さんが数日前から
妙に、うーちゃんのお写真とお見合いをしているから
どうしたのかなーって思ってたんですよ~(^_^;)







うーちゃん、ありがとです。

うーちゃんはきっと
ねーちゃんがまたベソをかくから…
そう思ってそばにいてくれていたですね。

ううん
ホントは、いつもずっと
ずっとずっと、そばにいてくれているですね。

暑い日も
寒い日も
嬉しい日も
悲しい日も
元気な日も
ギックリ腰で四足歩行な日(爆)も。


うーちゃん。
いつも一緒ですね。
ずーっと、一緒ですね。

ありがと
ありがと、うーちゃん。

愛してます
愛してます
愛してますよ、誰よりも。

お誕生日、ありがとう。




120401a.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。