Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.28 得意満面
階段を上がって行ったら
笑さんがトトト~ッ♪と走って来る音が聞こえた。
見上げるとすでに、上で待機中。

そして
みょ~ん、と首を伸ばして
お世話係が上がって来るのを待ち構えている。

何かありましたかね?と思いつつ
やっと近くまでやって来たお世話係
ひょいと笑さんのお顔を覗くと…。

笑さん、大急ぎで「ペチ♪」
おお、鼻チューだ。

そして、おお、ご飯の匂いだ!


…そうかそうか。
これは笑さんの「得意満面のご報告」だったのだ。
「ごはんたべてきたでちー!」という。

そうかそうか。
確かに
お茶碗を捧げ持ってもらったわけでもなく
おテテ皿に乗せて「どーぞ」してもらったわけでもなく
自分ひとりでご飯を食べた…
それは笑さんにとって「大手柄」であろう。

そして
それをお世話係が大喜びするのを
笑さんはちゃんと知っているのだな(^_^;)


しっぽをピーンと立ててお世話係を先導する笑さん。
部屋に戻ると…
そこには
ほんの少ーしだけ減った缶詰ご飯。

「へ?これだけ?」
そうは思ったのだけれど
ここはひとつ、笑さんの得意顔を尊重する事にしておいた。

「えらいえらい、えらいでちねー!
 笑さん、ご飯いっぱい食べられましたねー!
 ねーちゃん、うれちーでちよ、ありがと♪」


でちでち言葉で大絶賛するお世話係を
思いっきり笑ってやって欲しい…。




うれちーでちょ?

120628.jpg


スポンサーサイト
2012.06.23 あたためちう
もともと短いおテテだし
胸の毛がモッサモサで
良く見ないとわからないのだけれど…

梵もあたため始めたらしい、
しあわせのたね」を。



ハイ!でやんす♪





…良かったねえ、梵。
辛い辛い、辛い思いをしていた時でも
ちゃんと持ち続けていたんだね。
お母さんからもらった、ダイジなたねを。


ずうっと一緒にあたためよう、梵。
そして
いつか、綺麗なお花が咲くのを見せて頂戴ね。



2012.06.21 ウナギ化
笑さん
もうすぐ四歳。

特技はご飯へのお砂かけ。



…酷い。
酷過ぎる。

春の絶賛ハンスト月間は
毎年の恒例になってしまったけれど(泣)
今年はそれが今でも続いているのだ。

当然の事ながら体重はじりじりと減り続け
底を打つ気配はまだまだない。
食べないなら食べないなりに
省エネで大人しくしていれば…と思うのだけれど
そうは問屋がおろさないのが笑さん。
毎日元気にカッ飛び続けている。

そしてその上
この期に及んで、身長?が伸びたらしい。

結果…
只今の笑さん、ウナギ化街道まっしぐら。
毎日何度となく
「長っ! 細っ!」とびっくりしてしまう始末だ。



はてさて
笑さんは一体、どんなご飯ならモリモリ食べてくれるのやら。

いくら得意だとは言っても
いい加減フードジプシーから卒業したいお世話係なのであった…。




うなぎってなんでちか?



「いいなーっ、いいなーっ、
 笑ちゃんのお爪とぎ、いいなーっ。
 梵ちゃんだって欲しいなーっ!」

聞こえよがしに母が言う。

けれど
「大きいのがいいなーっ。
 でも笑ちゃんのは大き過ぎるなーっ。」
…だそうで。

どっちやねん。



数日後。
こんなモンかいな、と調達したブツを
早速お部屋に設置してみた。

すると…。

梵、使い方がわからない!
台座の部分にホッコリと座り込んで
「ほ~、良い具合でやんすね♪」と和んでいる。

ダメじゃん…。

見守る事数日
台座の上でヘソ天になった拍子に
万歳したオテテがポールに当たった。
で、お爪がひっかかるのがわかったらしい。



結果、こんな使い方に(^_^;)



うーん、梵よ。
それはちょっと違うと思う…。

…と言いつつ、また数日。



お・惜しい!

120618b.jpg



更に数日が経ち…
ある日、恒例の「母の朝の雄叫び」が聞こえてきた。

「ねえねえ、梵ちゃんがねーっ!
 ちゃんとお爪とぎ出来たわよーーっ!
 びよーんって伸びて、バリバリってーーーっ!」

決定的瞬間はいつも母の独り占め。
階段を転がるように降りて行っても
お世話係は…間に合わない。
いいもん、梵が楽しければ(T_T)



そしてこれが
その後数日粘ってやっと見る事が出来た姿。



祝:お爪とぎ成功!

120618c.jpg


わーいわーいわーいわーい(*^_^*)
梵、すごいねー、出来たねー!

冷静に考えれば
「猫さんが普通にお爪とぎをした」
それだけの事。

けれど
お世話係にはそれが
とてもとても、とても、嬉しい(*^_^*)



朝起きてすぐ
または外出から戻った時の、お世話係の大事な仕事。
それはボール達の点呼。

一か所に集めておいた10コ近くのボールが
笑さんにツッ転がされ、ブッ飛ばされ…
ひとつも見当たらないという確率がとても高いのだ。

ベッドの下からゴロゴロ
カウチの後ろからゴロゴロ
全員(笑)が揃うまでなかなか大変なのだ。

今日もまた、いつものように探索開始。
けれど
どうしても「鞠子ちゃん」だけが見つからない。
そう、笑さん最愛の、あの鞠子ちゃんだ。

部屋の外まで探索範囲を広げる。
バリケードの外にはじき出されて階段をコロコロ、
そのまま玄関まで転がって靴の中にコロン。
そんな事もあるので一階もくまなく探してみる。

…ない…。

大変だ。
笑さんの大切な鞠子ちゃんが
異次元空間にハマってしまったっ。

仕方がない。
本猫に心当たりを聞いてみよう(←オイオイ)と
王子ベッドで爆睡中の笑さんのもとへ行ってみた。

すると。

あら。

あらら。

あらあらあら。



120616.jpg


お世話係、一気に脱力…(^_^;)


昨日。

仕事から帰ったら
梵が玄関にお出迎えに来てくれた。

「なーーあーーあーーあーーあーーあーーあーーあーー!」

お得意の長~いご挨拶。
思わず
「いったいどれだけの肺活量じゃ」とツッコミを入れたくなる(^_^;)

けれど
見えないはずのおメメでまっすぐにお世話係を見つめ、
一生懸命にお話してくれる梵の姿を見ると
何だか胸がいっぱいにもなってしまうのだ。




しばらくして今度は母が帰宅した。
すると梵はまた玄関にまっしぐら。

そして
「る~~ ら~~ ら~~
…とこれまたお得意の節付きでお出迎え。


母は顔面総雪崩になり
いつまでもいつまでも大喜びをしている。
そして、しみじみと言った。

「…梵、可愛いよぉ…」




心無いニンゲンに捨てられ
または、迷子になっても探してすらもらえなかった梵。
彷徨い、ボロボロになり、光を失ってしまった梵。

梵を見捨てた大馬鹿ニンゲンに告ぐ。

このコは今は
我が家の大切な梵だ。
こんなご面相だけれど
可愛い可愛い、可愛い梵だ。
たとえ誰が何と言おうとも。

どーだ、まいったかーーーーーっ!




ねーちゃんさん、血管切れるでやんすよ?




2012.06.09 鼻チューなう
グギギギギッ!

はい、
毎度おなじみのギックリ腰…。



う~んう~んとノビていたら
そのまま居眠りをしてしまったらしい。
鼻がムズムズして目が覚めた。

すると
うっすら開けた目の前にあったのは
笑さんのお顔のどアップ!

うっひゃあー、とびっくりする間もなく
続いて「ぴと。」
つつつ・冷たいっ。



…あれ?笑さん。
もしかして…心配してくれました?

そうなのそうなのそうなの!?

ねーちゃんったら
かなーり、嬉しかったりして(*^_^*)




そーいうことにしといてあげる、でち。

120609.jpg


数日前。

後ろのお宅が建て替えらしく
いきなり解体が始まった。

バリバリガーガーという音が気になるらしく
笑さんは窓に張り付いてずーっとガン見。
飽きもせずガン見。




じーっ。





今日になり
もうハデな音はしなくなったのだけれど…
何故か笑さん、まだまだガン見を続けている。

どうやら
黄色いヘルメットのお兄さん達が気になるらしい(^_^;)





じーっ。

120607b.jpg



しまいには
幅わずか10センチの窓の桟に座り込んで
持久戦に備えてしまった。

ちなみに
身体は桟からかなりはみ出している。




じーったら、じーっ。

120607c.jpg




あっ、マズい。
眠くなってきたらしい…。



じーっ…でち…。

120607d.jpg




まさか落ちる事もないだろうとは思ったけれど
一応声をかけてみた。

「笑さん、お肉、ハミってます。
 そのまま寝たら、落ちますえ~」


…オコラレタ。



なんでちってー!?
はみってるとはしつれいなーっ!

120607e.jpg



くすんくすん。
親切のつもりだったのに。



2012.06.01 たぬき座り
「あらーっ!
 あらあらアラアラあらあらあらあらーっ!」

朝っぱらから母の部屋に響き渡る声。
またしても
「妖怪アラアラ婆ぁ」の登場だ。


「あらあらあらーっ!
 ぼんぼん、たぬきーっ!
 あらあらあらあらーーーーーっ!」


嬉々として叫び続ける母の目の前にあったのは…




コレ。





カメラを構えるお世話係の頭の上から
まだまだ響く「あらあらあらーっ!」


…梵よ。
何だか良くわからないけれど
かーちゃんさんはエラクお喜びのようですぞ(^_^;)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。