Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.12 おやぢ娘
毎度おなじみ(笑)
地元の友人・Sが遊びに来てくれた。

笑さんは前回に続き、二度目のご対面だ。
…ちゃんと覚えているかしらん…。
いまだに笑さんの脳ミソの容量について
不安が完全には払拭できていないお世話係はドキドキ。

「笑ちゃーん、Sだよん。久し振り~♪」

…おお、クリア。
大歓迎の様子だ。良かった良かった。


笑さん、大急ぎで(笑)Sをフンフンフン。
まとわり付いて離れない。
けれど
一昨日のMちゃんのようにカブカブ攻撃を仕掛ける事はしないのだ。
で、何をしていたかと言うと…。





あんよ~♪ Sのあんよ~~~~♪

 
友情出演:Sの足(24.5センチ・笑)



何が気に入ったのか、Sの足を行ったり来たり。
一体何分こうしていた事やら(^^;)
うーむ、
Sの足にはどんな秘密が隠されているのだろう。


これだけでもじゅうぶん変なチビ娘なのに
今日はSにとんでもないモノをお披露目してしまった。
それは
お世話係が「エロおやぢ」と呼ぶ行動。

肩までよじよじと背伸びした笑さんが
耳元で大きく鼻息を吹きかけるのだ。
「フンーフンーフンーッ」と…。
一歩間違えば「セクハラおやぢ」(爆)
お世話係にだけかと思っていたら
最近、母も同じ事をされていると判明したばかり。

それを何と…
今日はSにもお見舞いしてしまったのだ。
アイタタタ。


爆裂なのは、もう諦めた。
食が細いのも、それが個性だと思うようになった。
けれど…
けれど、この「おやぢ化」だけは
何とか勘弁していただきたいと思う、お世話係なのであった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。