Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.19 勘違い
お世話係が起き出すまで
ガッツリと(笑)添い寝をしてくれる笑さん。
それが何故か今朝
明け方にひょいっとベッドを出て行ってしまった。

お腹が痛くてトイレに行ったのか?と心配になるお世話係。
けれど笑さんは
とたたたた~っ、どてどてどて~っ!
…つまり、遊び始めてしまったのだ。

あらら、珍しい。

笑さんが楽しいなら何でも良いですよ、と
ひとり寂しく毛布を被り直したお世話係。
ウトウトしていたら
何やら部屋の外から呼ぶ声がする。

「キュルル…」

これは最近覚えた(?)ワザで
ほとんどが「運光さまが出そうでち~」というお知らせなのだ。

お世話係、すわっと飛び起きる。
何せ只今、ピー全開。
ティッシュでキャッチしないと
トイレも笑さんも大変な事になってしまうのだ。

けれど
大急ぎで駆けつけたにもかかわらず
笑さんはバリケードの扉の前でしれっとお座りしている。

…は?
運光さまのお呼び出しではなかったので?

仕方がないのでベッドに戻ると
笑さんはまた遊び始め…
お世話係の枕元までドドド~ッ!と駆け抜ける始末。
けれどしばらくすると、また「キュルル…」。
な、何なんだよう(T_T)

お世話係
一体何回、トイレ前とベッドを往復しただろう(^^;)

ふと気が付くと一時間半が経過。
仕方がない、もう起きよう…と毛布をヨイショとめくったら。
笑さん、ドドド~ッ!と走って来て
お世話係の懐にズボッ。

「そいじゃ、寝るでち。ゆ~び~~~♪」

あ…あんまりだ~(T_T)




その後。

数十分お付き合いして
改めて起き出したお世話係、
明け方の笑さんの暴挙のワケを理解した。

なんと
バリケードの扉の外に
お気に入りのふわふわボール:鞠子ちゃんがぽつん。
遊んでいる時、何かの拍子で出てしまったらしい。

つまり笑さんは
「鞠子ちゃん、とってくだちゃーい」と訴えていたのだ。
運光さまではなくて…。
アイタタタ。


大急ぎで鞠子ちゃんを救出し、笑さんに進呈。
すると
ご機嫌さんで遊び始めたのだけれど…。

「良かったですね~♪」と能天気に声をかけたら
こんなお顔をされてしまった。
再びアイタタタ。





まったくもー!でち。




…ごめんなさい、ごめんなさいってば~(T_T)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。