Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.26 避妊手術
行った
そして帰って来た。
そう、ナニゲに「日帰り手術」。

実は予約をお願いした時に
ダメもとで
「センセ、日帰りってアリですか?」と聞いてみた。
すると先生、即答。
「いや、むしろ、このコには日帰りをオススメしますっ」

…笑さんに貼られた怒りん坊のレッテルは巨大であった(^^;)

というワケで
11時半のお預け、18時のお迎え。


たった数時間なのに
笑さんのいない空間はしーんとして広くて…
この爆裂娘が今のお世話係にとって
どれほどの大きさを占める存在なのかを思い知りながら待った。


時間になったので飛ぶようにお迎えに行く。
様子を聞くと…
先生も、うーちゃんが大好きだった看護士のMおねえさんも
口を揃えて「すごかった、あ、すごい」。
どうやら現在進行形らしい(^^;)

どうすごいのかと言うと
笑さんを入院室から連れて来てくれようとしたMおねえさんを
先生が慌てて制止。
「あっ、Mさん、ダメだよ、危ない!」

なので
お世話係が入院室に通され
笑さんを回収する役目をおおせつかったのだった。
…笑さんは危険物かいっ。

入院室の隅に固まって、唸り続ける笑さん。
先生の「危ない」というひと言も納得だ。
けれど
お世話係が顔を近付けて
「え~み、ねーちゃんお迎えに来ましたよ~♪」と声をかけると
それまで半開きですっかり座っていたおメメがパッチリと開き
ほてほてほて…とこちらに歩いて来てくれた。
そしてお鼻フンフンのご挨拶。
お世話係、ほろり。


家に戻って笑さんの声を聞いてびっくり。
「びぇ~。」
唸り過ぎて声が枯れてしまったらしい。

体勢を変えようとするたびに
普段は無口な笑さんが、その声で「びぇぇ…」。
やはりかなり痛むのだろう。
卵巣と子宮の同時摘出…
ニンゲンだったら、と考えると涙が出てくる。

更に
小さな身体に麻酔が堪えたのか
つい先程は、胃液をケー。
か…代わってあげたい(T_T)


びぇびぇ言いながらもベッドに上がり
定位置に落ち着いている笑さん。
相当疲れているだろうに、熟睡は出来ないようだ。
ああ、
こんな状態でひとりぼっちにしておかなくて済んで
本当に本当に、ホントーに、良かった(T_T)

笑さん。
ねーちゃん、何も出来ないですケド…
そばにいますから。
ずうっと、そばにいますからね。





イタイんでち…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。