Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.20 VSエアコン
暖房の手段として
エアコンは、うーちゃんにとってリスクが多過ぎた。
そして何よりも、うーちゃんがあまりエアコンを好まなかった。

そんな暮らし(?)が身に染み付いて
冬場のエアコンは「ただの箱」になっていたのだけれど…。

寒い。
寒過ぎる。
考えてみれば
もう、うーちゃんの心配をしなくて良いのだから(←泣)
使っても良いではないか、エアコン。

ピ。
ゴゴゴ~。
ほぉ、あったか~い♪


ところが。
能天気に喜んでばかりもいられなかった。
言わずと知れた、爆裂娘のお出ましである。

まず
変な音のする箱をじーっとガン見。
そして…
予想はしていたのだけれど、攻撃開始。
とは言っても、場所が場所なので届かない。
部屋じゅうを走り回り、階段ラックのてっぺんまで行って精一杯背伸び。
更に
送風口の羽が上下するのが気に入らないらしく
カーテンをよじ登る勢いで喧嘩を売ろうとしている。

お・落ち着け、笑さん(^^;)

慣れるのに時間が必要かも、と
お世話係は一旦、夕飯の支度へと向かった。
そして約30分後にもう一度覗いて見ると。

笑さん
階段ラック上のお外見用ベッドの中に陣取って
尚もエアコンを見上げていた。
お顔を見ると、もう、おメメがショボショボ。
あらあらまあまあ…。

そっと抱き上げて定位置にご案内したら
あっという間にバタンキューだったところを見ると
精根を使い果たす勢いで監視を続けていたらしい。
何もそんなに一生懸命に見張らなくても…(^^;)
まさか…
まさか、ドライヤーの親分とか思っていないだろうなあ。


さあ。
このエアコンさんの運命やいかに。
晴れて「暖房器具」として復活を果たせるのか
それともこのまま「ただの箱」に甘んじるのか。

キーパーソンは、もちろん笑さんである。






ちょっと風速を強くしたらこんなお顔になった。
しっぽもボン!になりかけている(^^;)

090220.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。