Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.18 笑さん流
昨夜。
いつもはお布団に入ると
「いち、に、さん、ぐぅ~…」のお世話係が
何故かちっとも寝付けなくなってしまった。

コマッタ。

こんな時はとっとと起き出して
何か別の事でもするのが良いのだけれど…
傍らには、笑さんがすでに爆睡中。
しかも思いっきりお世話係に寄りかかっている。
これを起こすのはあんまりだ。

仕方なく天井を見つめてぼーっとしていると
心に浮かぶのはうーちゃんの事ばかり。
しかも
どうしても、最後の闘病の数ヶ月ばかりを思い出してしまう。

多分
最後の半月は光を失っていたであろうおメメ。
それでも…
たたひたすら、じ~っ♪と見つめ続けてくれたおメメ。
真っ直ぐなおメメ。
そればかりが目に浮かんでしまうのだ。

当然の結果(爆)ながら
うぐ…うえ…うええーん。
あーあ。
うーちゃんも、いい加減呆れているだろうなあ…。


と、その時。
毛布の中から、にょろ~んと何かが出て来た。
そしてそれが、お世話係の頬にポフ。

あ?
笑さんのおテテ?
この前は齧られたけれど
今日は本当に慰めてくれている!?
うるる…。

ポフ。
…ぎゅ。
…ぎゅむ~っ。

あ…あらら?
何だか変。
感触が変。
まさかとは思うけれど
笑さん、それってば…あんよ!?
あんよなのねーーーーーー(T0T)


ハイ、
またしても
「期待したねーちゃんが悪うございました」の巻。

これが
笑さん流「ねーちゃんガンバレ」だと
…そう思って耐える事にしよう。






一瞬なら、こんな大人びたお顔も出来るようになったのだけれど(^^;)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。