Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーネスを着けてのお散歩も
それなりにサマになってきた笑さん。

けれど…
けれどお世話係には大きな不安がひとつ。
それは
どういうワケか笑さんは
玄関を「入り口」と認識していないフシがある、という事だ。

「お散歩に行きますよ~♪」と声をかけると
大喜びでスタンバイをするところを見ると
どうやら「お外に出られる所」という認識はあるようだ。

うーん、笑さん。
そこはね
出られる所でもあるけれど、帰れる所、なのですよ。
そしてねーちゃんは
それこそを覚えて欲しいのですよ。
万が一何かあった時
帰って来る所がここだと、わかって欲しいのですよ。

…って。
小さな脳ミソの笑さんに説教をたれても無駄な事か…(^^;)



が。
が、しかし。

本日奇跡が到来。

突然の強風に煽られて温室が傾き
その大きな音に驚いた笑さんが
どっぴゅーーーーん!と玄関へと走ったのだ!

そして…。





いれてくださいでちーーーーっ!





お・おおお!
おテテの位置が微妙にズレているけれど
それはまさに、扉を開けようとする体勢!

お世話係、感涙。
笑さんがやっと、おうちへ戻る方法をわかってくれた。
良かった良かった、良かったよう(T_T)



あ…あれっ?
もしかして…うーちゃんですか?
去年に続いて
ねーちゃんにプレゼントをくれたですか…?

そうなのですね?
そうなのですね、うーちゃん?


一陣の風は虹の橋からの思いやり。
傾いた温室の陰から
ニコニコと見守ってくれていたですね…。

ありがとありがと、ありがと、うーちゃん。
宇宙一優しいうーちゃん、ありがとう…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。