Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.29 初おしゃれ♪
実は…
笑さんのお迎えの時にはすでに用意してあったのだ、「首輪」を。
当然(笑)、うーちゃんの首輪を呆れるほどお願いして来た
猫の首輪工房」さまの物だ。

けれど
何と、笑さん小さ過ぎて…
どんなに縮めてもブカブカになってしまう。
そしてお口に挟んでしまって大騒ぎ(^^;)
うっ…
これは、もう少し成長を待たなくては。
それにしても笑さん、どれだけ小さいの~っ。

…というワケで
本日まで延期になっていた首輪デビュー。
ウトウトしているところを狙ってチャレンジしてみた。
おお、今度は何とかOK。

本猫さま笑さん
想像はしていたけれどプチパニック。
「なんでちか、コレは~~~っ!」とばかりにダッシュした。
そして
おもむろに立ち上がり、リンリンと小さな音のする「変なモノ」と闘っている。
転がる、走る、闘う…。

プププ。
これってば…
我が家のお猫さまでは「ちょび」に続いて二人目の反応だ。
他のコはみんな、なんでもなかった。
特にうーちゃんは
当然のように「えっへん!」というお顔をして着けてくれたっけ。

しばらく闘った笑さん
もともと眠かったせいか、お世話係の膝にやって来てまぁるくなった。
そしてその後約一時間程、指チュパをしながらおやすみ。

起きた時にはもうすっかり、慣れてしまっていた。
…寝て起きたら忘れたのかいっ(爆)



この首輪のプチ騒動を見ていて
お世話係、「ああそうか…」と思った。

うーちゃんの言っていたという
「また猫さんと暮らしてください。
 オイラを忘れる為にではなくて、思い出してもらう為に。」という言葉の意味を。

あんなに長い年月
幸せに、幸せ過ぎるくらい幸せに…
そして楽しく一緒に暮らしてきたうーちゃん。
それなのに
最後の闘病、そして最後の瞬間ばかりが頭に残って
あんなにもたくさんあったはずの楽しい愉快な想い出を
どこかに追いやってしまいそうになっていた…。

そうそう、
ガリガリでお顔が三角で、遊ぼうと思ってもパタンと倒れてしまう…
そんな状態なのに
うーちゃんは首輪を嬉しそうに着けてくれましたっけね。
ホームセンターで買った安物なのにね。
そんなモノを15年以上もずうっと着けていたから
お首のまわりがぐるっとおハゲになっちゃったんですよねぇ…(^^;)



泣き笑い
のち、大笑いそして大泣き。

うーちゃんが
この小さな笑さんに託した想いを
しっかりと、そして大切に受け止めて歩いて行こう…。





イケてるかちら?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。