Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.07 サービス?
ヘロヘロとお風呂から出てきたお世話係
カウチに座り込んでしばし放心。

すると…
それをじっと見上げていた笑さんが
みょーんと伸び上がって膝に乗ろうとしてきた。

…へっ?
まさか自分からお膝猫?

珍しい。
珍し過ぎる。
…というか、記憶にないかも(爆)
しかも
良く聞くと、ゴロゴロと喉を鳴らしている。

どうした笑さん!?
毛布をフミフミする時などに
自分勝手に(笑)ゴロゴロ言う事はあっても
ニンゲンに媚びてゴロゴロ言った事などなかったのに。

と・とにかくドーゾ。

膝にどっかりと座ると
笑さんは早速「ゆ~び~!」
あ、そ、そうね、やっぱり「指チュパ」なのね。

それでもこのシュチュエーションは貴重で
そして…かなーり、幸せだ。
膝にすっぽりと収まった笑さんのあたたかさで
お世話係はうたた寝に突入(したらしい・笑)。


~ 間 ~


「どげしっーっ!」

ホンワカ気分を蹴破ったのは
みぞおちへの強烈なキック。

「もう、ゆび、ごちそうさまでちからっ!」
…とばかりに膝の上から脱出した笑さんの置き土産だ。
ひ・酷いっ(T_T)

走り去る笑さんの後姿に
取り敢えずは「お粗末さまでした…」と言ってはみたけれど
何となく納得がいかないお世話係なのであった。





ちょとだけさーびす、してあげたんでちっ。

101008.jpg








本日の梵情報。

ご飯を食べ終わった後にひときわ大きな声で
「あんがーーーーっ!」と言ったそうだ。

これを聞いた母
「ねえねえ、梵にあんがとー!って言われちゃった♪」
…と大騒ぎ。

よ・良かったな、母よ…。(遠い目@お世話係)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。