Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梵が「お知らせ」してくれるのは
運光さまだけではない。

もうひとつ…
実は
「ごちそうさまでやんす~!」というお知らせも
欠かさずしてくれるのだ。

はじめのうちは、気が付かなかった。
ご飯を置いた後は
梵が落ち着いて食べられないと可哀想なので
母もお世話係も即・部屋から撤退していたからだ。

どうして食べている最中にひと言だけ
「うっぴゃあ~~~~~!」と叫ぶのかと
ずっとハテナを飛ばしていたのだけれど…。

ある日それが「ごちそうさま」なのだとわかって
お世話係、梵のケナゲにまたナミダ。

今日もまた
ご飯を「どうぞ♪」してから約五分後(早っ)
大きな声のごちそうさまが聞こえる…。




そうそう。
別の事でお知らせをしてくれた事もある。

お腹はいっぱい、トイレも掃除した後なので
何事かと思って駆けつけてみたら…
何と。
お水入れに激突してしまったらしく、畳までが水浸し。
梵は梵なりに
「一大事でやんす~!」と思ったのだろう。

ありがとありがと、お知らせありがと。
偉いね
偉いねぇ、梵…(T_T)


梵、超推定(爆)年齢七歳。
ケナゲ満載、積載オーバーなオトコ。




本日は「ど~もスイマセン寝」をご披露(^^;)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。