Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.18 ビミョー…
木曜日朝。

いつもは秒殺するパウチひと袋を
モソモソ・ボソボソと食べ
夕方までかかってやっと完食。


夜。

カリカリに見向きもしないので
仕方なくまたパウチ。
これは結構な勢いで食べて
「あんがー♪」

幸いな事にこの日はケーなし。



金曜日。

朝、またカリカリに挑戦するも
匂いを嗅いだだけで「いやー」(←本当にそう聞こえた)。

なのでまたパウチ。
ボソボソと食べる。

立派とは言えないまでも運光さまを生み出したので
どうやら
心配していた毛玉での閉塞ではなさそうだ。

このままご飯を食べられれば
そしてケーがなければ
病院へ行くのは見送れるかも。

それにしても
どうしてカリカリが食べられないのだろう。
前日までモリモリと食べていたのと同じ物。
いきなり歯でも痛くなったのだろうか。

試しに、毛玉ケア用のスナックをあげてみる。
…あら?
普通にバリバリと食べているぞ(^^;)

はい、梵。
お口痛い説も排除~。


夜の時点でまだケーもないので
それならばと、またカリカリに挑戦。

すると
母に説教されるので、仕方なしといった風情でポリポリ。
けれどほんの少量だ。

それでも
ひとまずはカリカリもお腹に入ったのでやれやれ、と思っていた。
なのに
約二時間後…
またしてもほぼ形のままの状態でケー。

なんなんだーーーー!
やはり病院行き決定。



…と思いきや。

今朝、「これならどーだ!」と出してみたカリカリ、
偏食&少食選手権女王の笑さんの最終秘密兵器
モ○プチの某カリカリを…
いつもとほぼ変わらない様子でポリポリしたのだ。

「うめー」だそうで(^^;)

カリカリ=ケーならば
これだってそのうちケーになるはず。
けれどこれは大丈夫だった。

あっちの「いやー」なカリカリはケーで
こっちの「うめー」のカリカリは大丈夫。
それってどういう事なのだ、梵よ?

ああ、もう、ワケわからん…。

本猫は実に色々とおしゃべりをして
何かを伝えようとしてくれている。
…がっ。
ニンゲンのほうがまだ、梵語を上手く理解出来ないのだ(T_T)




病院に行くと
診察台が揺れるのではないかと思うほど震えてしまう梵。
見えない目で必死にどこかに隠れようとする梵。
出来れば通院は少なくしたい。

かと言って
この状態はお世話係には理解不能過ぎる。
ああ、アタマがウニ…。





あっしはご機嫌なんでやんすよ♪












むかつくー

むかつくー

むかつくでちー


またあたちのおでばんがないでちー



むかつくから

101218b.jpg



ねーちゃんなんか、こーしてやるでちーっ!

101218c.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。