Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.19 幻の階段
「…えう。」

今日もまた
笑さんに怒られた梵が階段を戻って行く。

テッテケテッテッテー!

早い早い。
最近かなり増量したせいで
重さで加速度がついているのだろうか(^_^;)

ズデーーーン!

あれま、まただ。
あ。
ご心配なく。
決してコケたわけではない。


何故か梵、
階段の最後の一段をスッ飛ばして
大ジャンプで飛び降りてしまうのだ。

上がって来る時は普通。
つまり…
梵の脳内では
一段目は「無いもの」になっているらしいのだ、
降りる時限定で(^_^;)

見えない梵が一生懸命に覚えた家の様子…
そう思うと本当に感動モノだ。
けれどどうして
こんな変な覚え違いをしてしまったのか(^_^;)


ズデーン!
どってーーーん!

体重に比例して
日に日に大きくなっていく気がする着地音。

心配で仕方がないけれど
何故かクスッと笑いたくもなる…
毎朝複雑なお世話係。




にっこり梵



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。