Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものようにおメメを綺麗にしてあげようと
梵のいる和室に向かった。

けれど
いつもなら扉に張り付いて待っている梵の姿がない。
今日は寒かったので
もうハウスに入ってしまったらしい。

それでも何となく部屋の真ん中に座って
小さな声で言ってみた。

「ぼーん、おメメ、キレイキレイよ~♪」

すると。
約3秒の沈黙の後
「ぷぴゃーーーーーーんっ?」という声と共に
梵、ハウスから飛び出して…
お世話係の所まで駆け寄ってくれた!

ううう・嬉しい~(T_T)


お世話係、しばらくド感動。
そして
ふと我に返って、気づいてしまった。

「お返事してもらえた」
「呼んだら来てくれた」

たったこれだけの事がこんなにしみじみと嬉しい。
そんなお世話係は
…もしかしなくても…
かなり「可哀想なヒト」(^_^;)


笑さん、笑さん?
聞いてますか?




ブラッシング、最高でやんす♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。