Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
megmegさまがプレゼントしてくださった
お手製のおもちゃ。


命名:ケム男(左)、ケム子(右)




…これがすごいのだ。

まず笑さん。
棒にセットした途端
地響きを立てて(爆)追いかけまくり
そのまま何と30分以上。
振り回しているお世話係の腕が攣りそうになる。

更に。
テント型ハウスで爆睡していた時の事。
その隙に梵とも遊ぼうと思ったお世話係は
ケム男を持ってそーっと部屋を出て行った。

すると
僅かに聞こえたチリリンという音に反応したのだろう。
エラい勢いでハウスから飛び出して来て
階段を降りるお世話係を目がけて猛ダッシュ(^_^;)

すごい執念
もとい、気に入りよう。

良かったねえ、笑さん、
タノシイが増えて(*^_^*)




狙うお顔はおひヒゲ全開!

111203b.jpg



にっ、にがさないでちよっ!

111203c.jpg





そして梵。
何と、棒にセットする前からハイテンション。
これにはびっくり。
何故ならば…
実は梵は、おもちゃに関しては難しく
当たりハズレの激しいオッサンなのだ。
見えていないのだから仕方がないのだけれど。

梵、走る。
短いアンヨをフル回転させ
メタボってきたお腹をぽよんぽよんさせながら
走る走る、飛ぶ飛ぶ!



あっしのタノシイ~♪

111203d.jpg



そしてお世話係、更にびっくり。

途中でご飯の時間になったので
「はい、どーぞ♪」とご飯を置いたのだけれど…
梵はフンフンと匂いを嗅いだだけで
ケム男の元へ走って帰って来たのだ。

ご・ご飯に勝った!

これには
一緒に見ていた母もびっくり暁天。
ご飯に勝てる物などこの世に存在しない梵なのに。

良かったねえ、梵、
タノシイが増えて(*^_^*)



久しぶりにこんなに楽しそうな様子のふたりを見て
お世話係もココロがほっこり。

megmegさま、ありがとうございました!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。