Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.20 会話成立
昨夜。

ぴーや!という声と共に
梵が階段を上がってバリケード前まで訪ねて来た。
ハウスでくつろいでいた笑さんは
早速イカ耳になって喧嘩を売りに行く(^_^;)

「ぴぎゃー、ぴぎゃー、ぴぎゃー♪」

一生懸命にアピールする梵だけれど
いかんせん笑さんにその気がゼロなので
「ひとりロミオとジュリエット」状態だ。

「ぴぎゃーー、ぴぎゃーー、ぴぎゃーー♪」

無視されても唸られても、尚も頑張る梵。
…不憫なヤツよのう…。

と、そこに
階段下から母の声。

「ぼーん、ぼんぼーん!
 おいでー、もう寝るよ~~~!」

すると
梵は声のする方を振り向いてピタッと鳴き止んだ。
そして何と。
「なおーん♪」という大きなお返事をしたと思ったら
全速力で和室へと戻って行ったのだ!
あっさりとジュリエットを見限って(爆)

…えーと
…えーと。
もしかして
今、梵と母で会話が成り立っていた?
いや、もしかしなくても成り立っていたぞ!

あらあらまあまあ、いつの間に。
あらあらまあまあ、うらやましい。


梵が戻って行った後
「はぁ~い、お帰り、梵ちゃ~ん。
 寝んねしましょうねぇ♪」という
喜色満面(であろう)母の声が響いたのは言うまでもない。




また、とっ捕まってしまったでやんす。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。