Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝起きてすぐ
または外出から戻った時の、お世話係の大事な仕事。
それはボール達の点呼。

一か所に集めておいた10コ近くのボールが
笑さんにツッ転がされ、ブッ飛ばされ…
ひとつも見当たらないという確率がとても高いのだ。

ベッドの下からゴロゴロ
カウチの後ろからゴロゴロ
全員(笑)が揃うまでなかなか大変なのだ。

今日もまた、いつものように探索開始。
けれど
どうしても「鞠子ちゃん」だけが見つからない。
そう、笑さん最愛の、あの鞠子ちゃんだ。

部屋の外まで探索範囲を広げる。
バリケードの外にはじき出されて階段をコロコロ、
そのまま玄関まで転がって靴の中にコロン。
そんな事もあるので一階もくまなく探してみる。

…ない…。

大変だ。
笑さんの大切な鞠子ちゃんが
異次元空間にハマってしまったっ。

仕方がない。
本猫に心当たりを聞いてみよう(←オイオイ)と
王子ベッドで爆睡中の笑さんのもとへ行ってみた。

すると。

あら。

あらら。

あらあらあら。



120616.jpg


お世話係、一気に脱力…(^_^;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。