Neko

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もやって来た
うーちゃんの「ウチのコ記念日」。

あの日

隣のおうちではなく
お向かいのおうちでもなく
我が家を選んでくれてありがとう。

隣のオバちゃんではなく
お向かいのオバちゃんでもなく
うちのオバちゃん(母だ!)に突進して来てくれてありがとう…。


毎年同じ事を呟いてきた元介護人
今回の記念日の朝
つまり今朝
あららーっ!と気づいてしまった。

それは
あの日、元介護人がうーちゃんに会うまでのタイムラグの事。


早朝、母に突進したうーちゃんは
そのまま、「洗面器」の中に保護された。
けれど
保護とは名ばかり
実のところは物置と化した通路にあった
埃まみれの洗面器の中にポテッと入れられただけだった。

通路なので当然、外に出ようと思えば出放題。
まして洗面器の中なのだから。

けれどうーちゃんはそこにいた。
ネボスケの元介護人が起きてくるまで
ニャとも言わずにただそこにうずくまっていた。

やっと見つけたニンゲンに
最後のちからを振り絞って突進したは良いものの
ご飯をもらえるわけでもなく
お水をもらえるわけでもなく
薄暗い通路にただ置き去り…
小さなうーちゃんにはどれほど心細い時間だっただろう。

何十分だったのか
何時間だったのか
今となっては定かではない。

それでも
うーちゃんはそこにいた。
そこで「待っていて」くれたのだ。

「オイラ、待つです。
 ここのおうちのニンゲンさんは
 きっときっと、『オイラのニンゲン』になってくれるです。
 だから待つです。ぎゅるるるる~~~←お腹の音(笑)」と。


そう
うーちゃんは信じてくれた。

おそらく
信じていたニンゲンに裏切られ
捨てられてさすらって、ボロボロになってしまったのだろうに。
うーちゃんは
もういちど、ニンゲンを信じてくれたのだ。


寝ぼけマナコで洗面器の中を覗いた元介護人。
その時
こちらを見つめていたうーちゃんのまなざし…
真っ直ぐなまなざし…
それは
「信じる者」だけが持つ事の出来る
世界で一番美しいまなざしだったのだ。




それから21年と3日。

うーちゃんは
ずっとずっと変わらず、元介護人を見つめ続けていてくれた。

振り向けば、「じーっ♪」
いつでも「じーっ♪」

最期の最期
もうおメメが見えなくなってしまっても
そして
ついにはおメメを閉じるちからすらなくなってしまっても
それでも
うーちゃんはあの真っ直ぐなまなざしで
元介護人を見つめ続けてくれた。

「じーっ♪」



うーちゃん、アリガトウ。
ねーちゃん達を信じてくれて。

ねーちゃんね
うーちゃんの「じーっ♪」が何より大好きだったです。
どうしてこんなに大好きなんだろうって思う程。

今日ね
やっとそのワケがわかりました。
素敵な「記念日サプライズ」をありがとです。

ねーちゃんの心の中には
またひとつ、宝物が増えました。
いつまでも消える事なく
いつまでも色褪せる事もなく
キラキラに輝く大切な大切な宝物です。


うーちゃん
ウチのコ記念日、ありがとう。

愛してますよ。
愛してますよ、うーちゃん。
いつまでも変わらず
ずっとずっと愛していますよ。



110724.jpg

2011.04.01 卯年卯月のBD
楽しい事ばかりの、あちらの世界。

彼の地
虹の橋では
自分の好きな姿で暮らせるという…。


うーちゃん
アナタはどんな姿で暮らしていますか?

三角のお顔に大きなお耳
手足ばかりが太くて長い…
そんな子猫の頃の姿でしょうか。

それとも
むっくりムチムチ胴回りも立派な
青年の頃の姿でしょうか。



うーちゃん。
ねーちゃんもそちらに行ったら
好きな姿で暮らせますか?
どんな姿でも良いのですか?

それなら…
ねーちゃんは
うーちゃんの望む姿で暮らしましょう。

うーちゃんは
どんなねーちゃんが好きかしら。

うーちゃんと出会った頃の
うんと若い姿かしら。
それとも
この先何十年か経った
シワシワのおばあちゃんの姿かしら。

ねーちゃんね
どんな姿でも良いのです。
うーちゃんが望んでくれる姿なら。
そして
ずっとそばに置いてもらえるのなら。



うーちゃん、愛してます。
愛してますよ。

年男のお誕生日、おめでとう。







2011.01.27 二年半
たとえ

枕の真ん中を取られて
ギックリ首状態で目覚めたとしても。




たとえ

忙しい最中に膝を乗っ取られ





110127b.jpg


レアだレアだ♪と喜んでいるうちに
立ち上がれない程の腰痛に見舞われたとしても。




きっとこれも シアワセのカタチ。
うーちゃんが遺していってくれた

きっとこれも シアワセのカタチ。
うーちゃんが望んでいてくれた




自分の身体が辛くても
どんなにどんなに辛くても
うーちゃんはずっと、望んでくれた。
ただ一心に、望んでくれた。

「ねーちゃん、笑って♪」


ねえ、うーちゃん。

ねーちゃん、ちゃんと笑えているですか?
うーちゃんが望んでくれた「笑顔」で暮らせているですか?



うーちゃん。
二年半が、経ちました。
あっという間の
そして
果てしなく長い二年半でした。

ねーちゃんが
今、おバカなおつむで想うのは
ちっとも難しいコトじゃなくて…

愛してます。
愛してます。
アナタを愛してます。

ただそれだけです…。





2010.11.17 運光工房便り
卯印運光工房謹製
快便のお守り「運光さま」。






…の特別限定バージョン
名付けて
「ご長寿祈願・ぴんくぅ♪の運光さま」。

unkousama.jpg



以下
工房のう~代表の談話。


「実は
 オイラ、ずっと前から作ってみたかったんです。
 オイラの大好きなぴんくぅ♪の毛布と
 それから
 オイラのピンクのお鼻と肉球にちなんだ運光さまを。

 で、いつだったか
 本体をぴんくぅ♪にしちゃったら
 …とんでもなくヘンだったんです。

 なので今回は
 ぴんくぅ♪のキラキラを付けてみたです。
 しかも七個♪
 ラッキーセブンです。
 しかもしかも
 普通の運光さまの二倍のビックサイズです。

 あのね…。 
 オイラ、「年月が全て」だなんて言うつもりはちっともナイです。
 でも、年月を積み重ねていくって
 とってもとってもあったかくて愛しくて
 それでそれで…すてきんぐなコトなんです。
 
 だからオイラ
 祈願するです。

 ひとりでも多くの大好きなみんなが
、タイセツなお猫さまと
 いっぱいいっぱいの年月を重ねられますように。

 ひとりでも多くのお猫さまが
 大好きなニンゲンと
 いっぱいいっぱいの年月を重ねられますように。

 当たり前に思えるいちにちは
 本当はとってもすてきんぐな日。
 
 それを忘れないで
 シアワセ過ぎて腰を抜かしながら生きていって欲しいと思うんです。」





ねーちゃん、笑?
そんな「当たり前」を
ちゃんと「シアワセ」って感じてるですか?

101117.jpg

2010.11.10 開花
うーちゃん。
う~子ちゃん」にお花が咲きましたよ。

そう…
あの時
「これからも、うーちゃんと一緒に育てるです」
そう誓った幸せの木、う~子です。

チビチビでみすぼらしかったう~子なのに
いつの間にかスクスクと成長してくれました。




101110.jpg




うーちゃん。
ねーちゃんは今多分…
とてもシアワセなのだと思います。

笑さんには笑顔をもらいました。
そして
梵にはたくさんの気付きをもらいました。

どんな小さなシアワセも
決して当たり前の事ではないと学びました。

うーちゃん。
ねーちゃんはちゃんと育てていますよ、シアワセを…。
ダイジョブですよ
ちゃんと笑っていますよ、うーちゃんが望んでくれた通りに…。




…えへへ、
でもね…。

ねーちゃんの生涯最大のシアワセは
やっぱり
「うーちゃんと巡り会えた」事ですよ。

あの21年で
残りの一生分、楽々クリア出来るくらいのシアワセを
うーちゃんはねーちゃんにくれたんです。


ねーちゃんはこれからも
ずっとずっとシアワセを育てるです、
うーちゃんと一緒に。
ひとつひとつは小さいかもしれないけれど
どんなシアワセでも、いっしょけんめ、育てるです。

見ていてくださいね。

うーちゃんがいてくれたからこその、シアワセです。
うーちゃんがいてくれるからこその、シアワセです。


愛してます
愛してます
愛してますよ、うーちゃん。



2010.08.07 帰省中
…えへ♪

…うふふ♪

えへへのへったら、うふふのふ♪



実は。
先月22日の午前から
うーちゃんが帰省中なのだ(そうだ)。
もちろん、先輩魂猫さま御一行と一緒に。

例によって
青森のKさんが教えてくださった。

もうお世話係は嬉しくて嬉しくて。
とりあえず24日のウチのコ記念日にささやかな歓迎の宴。
そして今日も
大好きな水郷鶏さんの焼き鳥なんぞを
焼酎とともにお出ししてあったり。


…えへ♪

…うふふ♪

また一緒に
猫さま盆踊りを踊っちゃおうかなー。
それとも
勝手に猫さまジャンケンに参加してみようかなー。


相変わらずのニブちんで
気配がサッパリわからないお世話係なので
また「鈴」でお知らせしてくれるようにとおながいしておいた。
部屋の隅のさるぼぼのお人形から鈴をぶら下げ
「良かったらコレを鳴らして合図してくださいね♪」と。


帰省後数日経った真夜中
その鈴が勢い良くチリンチリンと鳴り出したので
すわっ!と飛び起きたら。

…コイツだった(^^;)





たのちー♪





…うーちゃんに頼まれたのだろうか?
「ねーちゃんはあまりにもニブちんだから
 今度は笑にも手伝ってもらおうか?」と
相談していたとは聞いているけれど(^^;)


それでも
いつもはこうしてどどーん!と乗っていたクールジェルマットなのに


100807b.jpg



ここのところ何故かこんな感じに遠慮していたり…


100807c.jpg



お気に入りだった涼しい敷物も外れて
無理矢理隅っこで寝ていたり。


100807d.jpg



こんな光景を見ていると
「もしかして、ソコにうーちゃんいますか?」と
思わずニヘラ顔になってしまうお世話係なのであった。


…えへ。

…うふふ♪

えへへのへったら、うふふのふ♪



2010.07.27 二年。
うーちゃん。

また
あの時間が近付いてきました。
うーちゃんとお話出来なくなった、あの時間が。


あの日。
日中は、珍しく涼しい日でしたね。
関東の東の端っこ、25℃。
他ではとんでもない酷暑だったのにね。

久し振りに
広縁にお布団を移動して、そこからお外見をしましたね。
…もう
おメメは見えていなかったけど…。

お鼻をフンフンさせて
刈ったばかりの草の匂いを一生懸命に嗅いでいましたね。
うーちゃんの大好きな
大好きな大好きな、お外の匂いを。



もうずっと
声を出す事も出来なくて…
お話が大好きなうーちゃんが、声を出す事も出来なくなっていて。

でも
その日は
誰かがそばを通るたび
「みょ…」って
小さな声で一生懸命にお話をしてくれましたね。

ねーちゃん、
そのたびに胸が痛くなりました。

「うーちゃーん♪
 はいはい、ここにいますよ。
 ねーちゃんはココにいますよ~♪」

精一杯明るい声でお返事をしながら
あの時、ねーちゃんは…
「その時」がいよいよなのだと
そう察したんです。


そして
うーちゃんは、「フミフミ」も始めましたね。
動かす事も大変なおテテで
小さな小さなフミフミを…。

ねーちゃん、願いました。
どうかうーちゃんが
幸せだった赤ちゃんの時の記憶を
大好きだった猫お母さんの記憶を思い出していますようにと…。


うーちゃんが
「次の朝」を迎える事はもう、ありませんでしたね…。


何よりも
何よりも大切なうーちゃんは
もう、手の届かない所に行ってしまいました。



…ねえ、うーちゃん。

あの時の小さな「みょ…」を
「ねーちゃん、今までありがとね。」だと
…そう思っても良いですか?

もし
もしもそれを許してもらえるのだったら
ねーちゃん、泣かずに生きていけます。

どんな時も
うーちゃんが望んでくれた「ねーちゃん、笑って♪」を忘れずに
いっしょけんめ、笑って生きていけます。
うーちゃんのそばに行ける、その日まで。



うーちゃん。

愛してます
愛してます
愛してます

ねーちゃんは
ずうーっと、うーちゃんを愛してます…。

                                      2010.7.27 0.30





100727.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。